H.P.FRANCE COLLECTOR'S VOL.01 ”WOUTERS & HENDRIX”


−コレクター歴20年


記憶H.P.FRANCE
古田絵里


最初のWOUTERS & HENDRIX(ウッターズ・アンド・ヘンドリックス)コレクションは大学生の時にアルバイトをしていた某セレクトショップで買ったスカラベとペリドットの指輪です。当時からBOXまで魅力的だったので大事に取っていたのを覚えています。
その後、H.P.FRANCEに入社し、ブランドに再会。それからはシーズンごとにコレクションが増えていって早18年。気づけばこういう驚愕な事になっていました。 数は怖くて数えませんが、試しに測ってみたら総重量は6キロを優に超えていました。我ながらびっくりです。



どこに惹かれてここまで来たのか。それはWOUTERS & HENDRIXが持つ独自の飛び抜けたセンスの良さでしょう。
いつも先に先に行っていて、追いつくことの決してない、憧れの先輩のような存在です。 シーズン毎に打ち出すビジュアルやウィンドウにも驚き、感激するばかりです。
思い余ってアントワープの直営店にも2度訪れましたが(ここでも勿論コレクト済み。)また何度でも行きたい素敵なお店でした。

そして、WOUTERS & HENDRIX好きなお客様方と過去のコレクションのことや新作のこと、このパーツは以前にも使ったことがあった、この石は初めて使いますね、今季はどれをコレクトしますか? …などなど、もはや尽きることのない話題を語らう時間が何よりも愉しく、コレクター仲間とのオフ会として、大事に思っている店頭でのひと時です。
また、お客様やスタッフがWOUTERS & HENDRIXのコレクションを素敵に身につけている姿を見つけると、嬉しくって顔がにやけてしまいますね。えぇ、結構見てるんです私。 ぜひ、皆さんのお宝コレクションも見せてくださいね。記憶でたのしみにお待ちしております。
ファーストMyコレクションのスカラベとペリドットの指輪と、お揃いのスカラベとベリーのヘアピンセット。今見ても変わらずにときめくアイテム。
W&Hが25周年の時に出したBOOKには、2008年にデザイナーの2人が来日した際に撮ってくれたMyコレクションの一部が載っています。 一緒に働いていたスタッフとともに爪にもW&Hの文字を描き、思い出深い写真です。
作品の中でたまにしか出てこないブローチにはいつも目を光らせています。さまざま組み合わせて自分のなかで物語を作ってつけたりもします。小さなムール貝が喋っていたり..とか。
こうやって指輪だけで集めて見てもユニーク! それぞれのシーズンストーリーがぱっと目に浮かびます。
大ぶりなネックレスにはいつも惹かれます。シーズンの特徴がぎゅっと込められているものが多い気がします。
25周年で作られた懐中時計ネックレスはあと20年後くらいに、ひととして貫禄が出てから着けたいひとつです。

コレクション一覧


このスタッフはここで会える!


記憶H.P.FRANCE
ANTE VOJNOVICが手掛けた白く幻想的な空間に、バイヤーFrancoise Seigle Carrollが見出してきたH.P.FRANCEを代表するクリエイターと新時代のクリエイターの作品を取り揃え、エレガントでチャーミングな着こなしやコーディネートを提案します。 -記憶は全ての人の中にあるその人だけの、あなただけの、私だけの芸術です...

〒100-6501 東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸の内ビルディング 1F(MAP)
TEL : 03-3211-3370 / OPEN: 11:00−21:00 (日、祝−20:00、年中無休、年末年始を除く)