フランスのライフスタイルブランド、アスティエ・ド・ヴィラットが届ける美しいコレクションの数々。純白の釉薬を纏った器は、彼らの代名詞とも呼べるでしょう。パリ唯一の陶器工房で18世紀パリの手工芸を継承すると同時に、エスタンパージュと呼ばれる技法を現代のテイストで蘇らせ、伝統とモダニズムを融合させています。古い器や忘れ去られたオブジェからインスピレーションを受けて、職人が残す「跡」を大切にした器は、土色が柔らかく透け、丁寧な手仕事でしか生み出すことができない、凛とした存在感を放っています。陶器が見せる様々な表情をご堪能ください。

− ある秋の朝食の風景 −



 
 
 
 
ひんやりとした心地よい風を感じる、爽やかな秋晴れの朝。アスティエ・ド・ヴィラットの器やマグカップに、淹れたてのコーヒー、旬のフルーツや香ばしく焼かれたパンをのせて、いつもよりゆったりとした朝食の時間を。
 
 
装飾はごく僅かな、シンプルなデザインの皿は、いつでも、どこでも、どんな料理でも美しく映える。職人の手の温もりが残る白い陶器が、穏やかな日常に寄り添う。
 
  
  
 
たっぷり注げる大きなマグに、オブジェのようなバターケースや、古い壁紙柄のフラワーベース。食卓には、朝食の時間をさらに鮮やかに彩る小物も欠かせない。