Loading...

GICLAT



シンプルでいて、エレガントな女性をイメージして作られるGICLAT(ギクラ)のジュエリー。
デザイナー自らが成形から石留めまでを行い、丁寧な仕事から生まれた温もりのあるジュエリーは
女性の持つ魅力をさらに引き立ててくれます。
”木漏れ日” や ”月の満ち欠け” といった自然の現象からインスピレーションを得た、
「穏やかな日常の中に見つける喜びや優しさ」を伝えるコレクションから、
一生の記念として身に着け続けていたくなるような特別感のあるコレクションまで、
一堂に会してご紹介していきましょう。




木漏れ日・種・光の柱



枝葉の間を通り抜けて届く木漏れ日を形にしたら・・・なんて、これまでに考えたことのないような発想から生まれたのは、幾何学的にも有機的にも見える滑らかなカーブと直線とのハーモニーが美しい”木漏れ日”。

透明感を活かしたローズカットのダイヤモンドは、鮮やかな輝きのブリリアントカットとは趣きの異なる、ふわりとした優しい輝きを放ちます。地金をマットに仕上げることで肌馴染みよく、どんなシチュエーションにも寄り添ってくれるジュエリーに仕上がりました。
ダイヤが石座から突出せず、表面の引っ掛かりが気になりにくいセッティングは、小さなお子様がいらっしゃる方やアクティブに日々を過ごす女性にもストレスが少なく、普段着けしやすいのも嬉しいデザイン。

着ける女性の魅力が芽吹くのを見守ってくれるような”SEED(種)”や、凜とした佇まいで導いてくれるような”光の柱”。

主張が過ぎないシリーズなので、お手持ちのジュエリーと重ねたり、ピアスやネックレスなどとのトータルコーディネートもしやすいコレクションです。
イエローゴールド×ホワイトゴールドのバランスが絶妙。緩やかなカーブはまるで優しい光が差し込んでいるよう。
ダイヤモンドの数やバランスでそれぞれ異なる表情。片耳に並べて着けても素敵です。
石座のデザインに丸みを持たせた”SEED(種)"は、芽吹く瞬間を待つ、繊細な力強さを表現。
マットゴールドにエッジを効かせ、シンプルな揺れ感がどんなシチュエーションでも着けやすい”光の柱”。
四角く直線的な中に手彫りの線を入れることで、ぐっと表情豊かになりました。

月の満ち欠け・日食/月食



”月の満ち欠け”は、ほど良い存在感の3mmあこやパールを並べ、ツイストされたゴールドで月の満ち欠けを表現した叙情的なコレクション。
人気のイヤーカフは華奢なフープピアスとコーディネートしたり、シンプルにお顔周りはこのひとつでポイントにしてみたり・・・気分に合わせて色々な楽しみ方が見つけられるアイテムです。

ローズカットダイヤを月面を思わせるテクスチャーのゴールドで包み込んでいるようなデザインは、日食や月食からイメージを受けて作られました。
淡いゴールドの輝きから連想するのは、優しい夜風の吹く窓辺。

いずれもモチーフである月は女性の象徴とされており、柔らかな月の光は知性を高め、心に落ち着きを与えてくれるといわれているラッキーチャームのひとつ。満ち欠けを繰り返すことから「成長」の意味もあるそう。まさに満ち欠けの過程を模したデザインは、自分自身のステップアップを願って、お守り代わりとしても。
イヤーカフも人気のコレクション。デザインも去ることながら、あこやパールの美しさにも注目。
幅約3.6cmのトップに込められた、モダンでストーリー性のある”月の満ち欠け”を胸元に。
モチーフの色が異なると印象が大きく変化。
どことなく日本の「わび・さび」や「奥ゆかしさ」も醸し出す。
アシンメトリーなのに、落ち着きを感じる不思議な存在感。小さめのモチーフでも目を奪われます。

波・雲



母なる海のある風景。その穏やかな波や、もくもくと湧き上がる雲からイメージされた、GICLATの人気シリーズがこちら。
思い出の風景や憧れの場所を重ねながら、指先に軽やかなアーチを描くようにコーディネートすれば、どんな日も晴れやかな気持ちで過ごせそう。

緩やかな曲線のラインは手元の動きに印象を与え、身に着ける角度によって様々な表情をお楽しみいただけます。
ダイヤをあしらったリングは、雲間から覗く光やキラキラ輝く水面のよう。
江の島の海の近くに工房を構えるGICLAT。
海が見える風景から生まれた「大波」のリングです。
ひとつひとつに手彫りで繊細な彫りが施され、ゴールドの美しい輝きを感じられる仕上がりです。
シンプルに1本ずつ並べるコーディネートも、リズムを感じる手元に。

ベーシック・シンプル



手彫りの刻み模様を生かしたシンプルなリングをはじめとするジュエリー達。更にそのリングを束ねたり、重ねてみたり・・・
シンプルなデザインにも沢山のこだわりが詰まっているからこそ、ボリュームのあるデザインに変化しても心地の好い輝きは変わらない。

槌目や刻みのひとつひとつに、決して手を抜くことのない職人技を感じながら、日々のベーシックアイテムとして愛で続けたいコレクション達。
上質なダイヤモンドと、ダイヤの下には18金を。
シルバーとダイヤモンドの間から見えるゴールドと、丁寧にタガネで叩いてつけた表面のテクスチャーが独特の雰囲気です。
シンプルなリングにもGICLATにしかない味わいが感じられます。
重ね着けだけでなく、ピンキーリングとしても人気。
幅のあるリングの上に、刻みの入ったリングを3本重ねたコントラストが美しいデザイン。
6本の華奢なリングを束ねたリングは、このようにモダンな着け方も楽しめます。

1点もの



表情豊かなカラーダイヤを用いた、とっておきの1点ものリング達。いびつで変わった形のローズカットダイヤモンドは、デザイナーが厳選して選んでいます。肌に馴染むカラーも魅力的。

アームの片側にホワイトゴールドとダイヤモンドを配しているのは”月の道”と名付けられたコレクション。
月光を閉じ込めたようなカラーと、ゆがみを感じる個性的なダイヤモンドは、月明かりが水面に輝いて道のように見えて・・・、まさに海面の揺らめきときらめきを思わせるような雰囲気に。

しっとりと柔らかな森の木陰の温もりを感じるようなカラーダイヤを中心に、3石のダイヤモンドを並べたデザインは、”木漏れ日”から派生した特別なコレクション。

これからの大切な瞬間をずっと共にしたくなる、家族や親友のような存在に。
その時々で重なりの表情が変わる二連リングは唯一無二の立体感。
色も形も十人十色。爪留めでは無いので特別なリングでもデイリーに着けやすいのが嬉しい。
奥行きを楽しめるラグジュアリーなボリュームのダイヤモンド。オクタゴンカットとホワイトゴールドの石座でスッキリと。
”木漏れ日”の特別なリングはアンティークのような風合いも魅力。重ね着けも存分に楽しめます。

Designer profile



麦倉隆晴(takaharu mugikura)


貴金属加工職人を経て、2007年ファイナルワークスを設立
さまざまなデザイナーズブランドの原型から量産までを請けおうと共に、自身のブランドも展開
2011年、イタリアの伝統的な彫金技術を身につけるため、ジュエリーの街フィレンツェへ
イタリア生活とヨーロッパ、南米への旅を通じて、自然の壮大さや生み出されるフォルム、文化や技術、ジュエリーと人々の関わりや歴史を体感する
帰国後工房を湘南に移し、2015年、デザインと確かな技術をつめ込んだGICLATをスタート

国家検定 一級貴金属装身具製作技能士



‐代表取扱い店舗‐

drama H.P.FRANCE新宿店
drama H.P.FRANCE横浜店
drama H.P.FRANCE日本橋店
drama H.P.FRANCE伊勢丹新宿店
drama H.P.FRANCE梅田店


※オンラインショップに表示のない商品についてのお問合せなどは、上記の取扱店舗で承っております。