前の画像
次の画像
水金の文庫革
水金の文庫革は、古くから姫路で親しまれてきた皮革伝統工芸品。文庫革の革小物は、元は室町時代より発祥しています。
真っ白になめした牛革に型押しをし、一筆一筆彩色を施した後、真菰(まこも)という植物の粉をふりかけ古びをつけています。
仕上げに漆で艶を出し完成するという、一点一点職人の手作業によって生まれる貴重なアイテムです。