前の画像
次の画像
アスティエ・ド・ヴィラットの香水
二人の著名な調香師、フランソワーズ・キャロンとクリストフ・レイノーによって生み出されたオー・デ・コロンは、中世にドイツ・ケルンで生まれた伝統的なオーデコロン「アクア・アドミラビリス」の製法を尊重し、アルコールを低い濃度で配合、水と香料を用いて作られるコロンです。シトラスノートを基調にしつこい残り香を残さず、アロマティックな印象を演出し、朝から夜まで一日中付けていても飽きのこないアイテムです。美しい吹きガラスに、活版印刷のラベルの箱に包まれたコロンはギフトにも。