前の画像
次の画像
アスティエ・ド・ヴィラットによる日本の香り
「秋の夜長」という言葉があるように、日本には昔から日が暮れた後の時間にも楽しみを見いだす風習があります。アスティエ・ド・ヴィラットが「香りの世界旅行」として提案する香りのコレクションには、屋久島や淡路をイメージした香りがあります。火を灯せば、ウッディなノートが広がって森林浴をしているような気分になるアイテムです。