前の画像
次の画像
合計金額 ¥0
ラ・スフルリーのガラスと石膏
パリの手吹きガラス工房、ラ・スフルリーの作品は、デザイナーの家族が代々持っている日用品などのヨーロッパで昔から愛用されてきた形に着目し、そこに現代のデザイン、機能性を取り入れ、ガラスに置き換えています。感性の赴くままに吹き上げられたガラスは、それぞれ異なった歪みや、気泡の風合い、ぽってりとした愛らしいシルエットなど、一つとして同じ形のものなく、手吹きならではの温かみが魅力です。石膏やテラコッタ作品は、独特の空気を放ち、まるで静物画のような世界観が作れます。