前の画像
次の画像
合計金額 ¥0
指輪をはめているかのようなユニークなマグカップ
アスティエ・ド・ヴィラットと彫刻家セレナ・キャロンヌの特別なコラボレーションカップが登場です。ひとつひとつデザインが異なるカラフルな指輪には,まるで真珠や宝石が散りばめられているようです。彼らの出会いは,パリの狩猟自然博物館で開催されていた彼女と旧友の展示会。 彫刻によって描かれる彼女の不思議な世界に,アスティエ・ド・ヴィラットのデザイナー2人は魅了されます。 一方,セレナもアスティエ・ド・ヴィラットが繰り広げる世界観をよく知っていました。彼らが手掛ける白い陶器にインスパイアされ,作品『泣く女』を完成させたことを打ち明けています。 こうして互いに惹かれあい『指輪カップ』コレクションが誕生しました。 白いカップをゴールドで縁取り,取っ手の代わりに,アーティストが造形した大ぶりの指輪をつけました。