今回はヨガ講師、セラピストとして活動されている仁平美香先生にお越しいただきました。
いつも仁平先生らしいJuanaのカラーをチョイスされているのがとても印象的です。
さっそくですがJuana de Arcoとの出会いから教えてください。
きっかけはJuana de Arcoアンバサダーの桑原リエさん。彼女がいつものように着ていて、おすすめしてもらいました。
最初にオンラインショップでヨガパンツを購入してはいてみたら生地もやわらかくて気持ち良くてとても気に入り、表参道のショップに来てみたら夢の国みたいだった。
なんて可愛いお店なんだと思って。
それから時々遊びに行ってはちょっとずつコレクションし始めました。
以前は無地のウェアとミックスで着ることが多かったんです。だけど、Juana de Arcoを着始めてからけっこう長くなってきた今、全身で着る楽しさに目覚めてしまいました。
上下で色と柄を完全に合わせるのも楽しいし、最近は同じ配色だけど柄が違う組み合わせで着るのにはまっています。これはいろんな柄も楽しめつつ、色合わせも楽で無限にコーディネートが楽しめてお得感があるなと思っています。
着ていると生徒さんに「すごい上級者のコーディネートですね。」「ウェアおしゃれです。」って褒められのが嬉しくて。ほかにはパッチワークのキャミをたくさん持っているので、パッチワークの中の生地とレギンスの生地を合わせたりしています。
自分が好きな柄や、似合う色がわかってきて、セットアップの楽しさも知ってしまったから、好きな柄を集めるようになりました。お店に行くたびにコーディネートの幅が広がる。そこが楽しいところの一つです。
中でも一番好きなのはパステルカラーのシリーズと白地のもので、時々自分の好きなテイストのものがインスタグラムで新しく入ってないかをチェックしています。
ブッダのポーズ
ショート丈トップス(17,280円)/レギンス(11,880円)
キャミソール(7,560円)
同じテイスト同士は組み合わせた時に統一感があり、一見同じように見えても柄合わせやストラップやパイピングの違いで合わせた時の雰囲気が明るくなったり女の子っぽくなったり、優しい感じになったりと変わるのが楽しいです。
前はヨガのウェアだけであまり下着は着ていなかったけど、最近カミラブラ(フリルのブラ)とキャミとの色合わせも楽しくて気に入っています。福袋に入っていて、着てみたらすごく良くて今はこの形がお気に入りです!三角ブラはどのサイズにもあうし、圧迫されないし、ちゃんと安心感があるのが良いです。
ショーツはサイドで調整ができるボンバチャが好き。たまに入荷するサイドがみつあみのボンバチャも好きです。


合掌をした三日月のポーズ



ーーいわゆるブラジリアンの形ですよね。
おしりは半分出ちゃうけど慣れちゃえば気にならないし、鼠径部のしめつけがないのが良いですよね。



そう!鼠径部とかにパチッとゴムが来るのが好きなタイプの人と苦手なタイプの人がいると思いますが、私は当たる感じや、座っているときに圧迫される感じが本当に苦手です。血流をよくしましょうとヨガで教えているので、あんまり圧迫しない下着やウェアが好きです。ホォアナは基本的に圧迫されるものがないから好き!
ウェアはヨガを練習する時の着心地が良いものを選ぶようにしています。Juanaは自分の体にあっていると感じています。

木のポーズ
ヘアバンド(5,616円)/パッチワークのキャミソール(8,640円)
ミクロチュールのアラジンパンツ
ーーJuana de Arcoはもともとランジェリーのブランドですし、デザイナー自身が呼吸法や瞑想中心のヨガを行っていて、着圧や着た時のスタイルを重要視しているわけではありません。


伸びもいいから色んな体型の人が着られるのも、良いですよね。誰が着てもちゃんと似合う。
タンクトップにしても、ワンサイズだけどぴたっとしているのもゆったりしているものもありますよね。
個体差も含め、一点物の面白いところだと感じています。
サイズ感と柄と色の組み合わせがぴったりのものに出会った時、別に自分のことを待っていたわけではないけど、ちょうど今日お店にいてくれた出会いを楽しく感じます。
最近はキャミとレギンスでピタッとしているコーディネートにガウンを重ねるのがお気に入りです。


ーー仁平先生はなぜヨガをはじめましたか?


もともと生理痛が重くて整体に行ったり、ヨガやボディーワークをいろいろ受けに行っているなかで、今私が指導している考え方のヨガや体づくりに出会いました。
自分の体調がよくなったのに感動し、これを色んな人に伝えるのが自分の役割だと思いました。
自分が興味あることや自分が好きなことだと勉強したり練習したりすることが苦じゃなくて、しなきゃじゃなくて自然にやっていることで、かつ自分がやりたいことを人に提供して喜んでもらえる職業。それが一番頑張れるし、楽しいなって思ったんです。
自分だけで練習するのではなくて、人に伝えることで自分にも新たな学びがありプラスになります。
以前は土日はヨガスタジオとサロン、平日はオフィスで会社員をやっている時代がありました。セラピストとヨガ講師だけになって11~12年くらいたちました。
現在はUnder the Light Yoga School(UTL)にてヨガ講師と、UTLの中にあるホリスティックラウンジでセラピストをやっています。
そこのサロンで出会ったのが桑原リエとJuana de Arco。


ーー仁平先生といえば月経血コントロールヨガがずっと気になっていました。そういった経緯があったんですね。内容は他のヨガとは違うんですか?


他のヨガとポーズが共通しているものでも、会陰(骨盤底の中心)が引きあがりやすい姿勢や、りきまない体の使い方を重要視しているので、ポーズによっては姿勢や腕の使い方など少し取り方が違うものもあります。体の内側の筋肉が働きやすく、つっぱらずたるんでもいない体を目指して、ヨガのポーズや呼吸法をアレンジして伝えています。
できるだけ骨に近い、体の軸に近い位置の筋肉を優位に使えるようリードしていくのですが、例えば、太ももが太くて悩んでいる人は、太ももの前側の筋肉を使いすぎていることも原因のひとつなので、ポーズの中では外側の筋肉を必要以上に力ませないようにお伝えしています。練習していくと脚がスッキリしてきます。
汗ばむ程度の強度なので、体がかたい方や、体力に自信のない方などどなたでも参加できます。

月経血コントロールヨガというクラス名ですが、内臓を圧迫しない姿勢とか体を楽に力ませずに使うという身体使いは月経がある時期だけでなく、閉経後にももちろんとても大切な体作りです。こういった体作りは男性にも伝えて行きたいので、時々男女とも参加できるクラスも開催しています。すべての世代の方に伝えていきたいと思っています。


ーー月経血はコントロールできるようになるんですか?


完全にトイレで排出できるようになるにはある程度の練習が必要ですが、トイレで排泄する感覚をつかんで、ナプキンに出る量が減っていけば、布ナプキンで安心して生活ができます。
上達していくと、重力が骨盤底にかからず内臓が起きている時よりゆるんでいる寝ている間はためておけて起きてからトイレにいって出すことができるようになりますし、日中もトイレで出す習慣が少しずつできてきます。もちろん個人差はあるかと思いますが、姿勢を改善し、骨盤底の引き上げなど身体作りをきちんとしていけば、生理痛が楽になったり、ほとんどの人は布ナプキンを安心して使えるようにはなると思います。


座位のねじりのポーズ
ヘアバンド(5,616円)/みつあみトップス/ポケット付きレギンス(16,200円)


最近はセラピストとヨガ講師のほか、YOGAWOMANというイベントのコンセプターをやっています。私自身が女性向けのヨガを教えているから、ヨガやセルフケアに出会ってもらえる場を作りたいなと思いスタートしました。今年からイベント内でウェアやスキンケアなど女性向けプロダクトの取り扱いも始めました。運動をつづけるのってモチベーションがやっぱり必要で、とくに最初のうちは色んな楽しみが必要です。体を動かしていることで筋肉のつき方が綺麗になるから、もっとウェアを素敵に着こなせるような体づくりをしたいと思うモチベーションにもなります。
イベントでは自分が教えているものだけでなく、自分にあった先生や今まで着ていなかったようなウェアにも出会ってほしいんです。女の人がキラッとする、ときめくものに出会ってもらえたら良いなと思います。

YOGAWOMANは女性限定のイベントです。女性限定のクラスにしたきっかけは普段は男女ともに指導してらっしゃる先生方に女性限定ならではのクラスをしてもらうことで、生徒さんにいつもとは違うクラスを楽しんでほしいから。あとは、男女一緒のクラスだとちょっと話せない例えばデリケートなこと、心や体のことなど質問しづらいような事もあるからです。だったらやっぱり聞きやすい状況を作りたい。男性をないがしろにしているわけではもちろんなく、女性が素敵になったら隣にいるパートナーはおのずと幸せになるはず。女性が心や体を整えるためにはきっかけがより多くあった方が良いし、仕事や子育てで忙しい中で、これくらいだったらできそうって気づいてもらえたら良いなと思っています。
まったく運動する機会がない人でも、少しでも自分のカラダやこころに向き合い、丁寧に生きるためのきっかけになればいいなと思って活動しています。


体がどこか痛かったり、運動不足だとどうしても不調が出てきますし、体が痛かったり、疲れて気持ちが沈んでいる時、ちょっとしたことでイラっとしたり、余裕がなくなったりしてしまう。
逆に適度な運動をして体が楽になると初めて心に余裕ができて人に優しくできます。
人間だからイライラすることだって、嫌な思いをすることだって生きていればあるけど、そんなときネガティブな感情に行くのではなく、「ちょっと体でも緩めよう」って考える。そうすると心に余裕が生まれて、人に優しくできたら、また優しさで戻ってきたりしますよね。
次回のYOGAWOMANは来年2020年11月前後を予定しています。
素晴らしい講師のみなさんと一緒に他のイベントでは受けられないような女性に特化したクラスをたくさん用意して開催したいなと思っています。



仁平美香先生のクラス

月経血コントロールヨガなどの各種女性のためのヨガ講師養成講座を東京、大阪、名古屋などで開催しています。
世界を旅するセラピストrietreatこと桑原りえと仁平美香による、
女性のためのボディケアスクール 内臓・骨盤底forwomenも2019年7月より開講します。
yogawoman.jp

代々木アンダーザライトヨガスクールにて毎週水曜18:50および、月1土曜日14:20に女性のためのヨガレッスンを担当
www.underthelight.jp/class/schedule


<プロフィール>

仁平美香 Mika Nihei

一般社団法人日本ホリスティックヘルスケア協会理事
女性のためのヨガ協会代表 
月経血コントロールヨガ、体軸ヨガ、産後ママのためのメンテナンスヨガ講師養成スクール講師
女性のためのボディケアスクール 内臓・骨盤底ケア forwomen 考案&講師
アンダーザライトヨガスクールでレギュラーレッスン担当
ヒーリングサロン ホリスティックラウンジにてセラピストとして活動。(内臓・骨盤底ケアforwomenなど担当) 
ILADY.アクティビスト
栄養士
ヨガジャーナルオンラインでのコラム「女性のためのヨガ知識」連載中 
医師や専門家とあなたをつなぐ、健康・食・くらしのセルフケアが見つかる情報サイト「カラダネ」 にて連載中
女性の医学 生理日予測のルナルナにてコラム配信
ヨガジャーナル日本版「仁平美香の子宮美人ヨガ」連載
国立大 千葉大学 関係主義と食のシンポジウムにて「月経血コントロールヨガ」について講演
ヨガフェスタにて2012年より毎年講師を担当
オーガニックライフTOKYOにて初年度より毎年講師を担当
2017年よりスタートした女性のためのヨガイベントYOGAWOMANにて講師を担当する他企画運営にも携わる
テレビ出演(所さんの目がテン!ありがとッ!他)、
ラジオ(FM東京内山理名のsweetlife、FM西東京 あんぱる流儀 女性プロフェッショナルに聞く)、
雑誌(ヨガジャーナル、Yogini、日経ヘルス、からだにいいこと、anan、BRUTOUS、InRed)など
メディア出演、監修多数。
カラダをゆるめてこころを整える 月経血コントロールヨガ(YOGABOOKS)、医師もすすめる血管美人YOGA(BABジャパン)
子宮美人のつくりかた(ルナルナコラボレーションBOOK 主婦の友社)など著書多数


Juana de Arco表参道店YOGAクラススケジュール

8月10日(土)9:30-11:00 『VIBRANT TONE at Juana de Arco×桑原リエ』5,500yen+tax
8月11日(日)9:30-11:00 『Juana de YOGA×湊有紀×池田枝里香』1,000yen
8月17日(土)9:30-11:00 『Juana de YOGA×小中千恵』1,000yen
8月24日(土)9:30-11:00 『親子 de YOGA×ミスミリエ』1,000yen
9月21日(土) 9:30-11:00 『Juana de YOGA×小中千恵』1,000yen
10月19日(土) 9:30-11:00 『Juana de YOGA×小中千恵』1,000yen
11月16日(土) 9:30-11:00 『Juana de YOGA×小中千恵』1,000yen
12月21日(土) 9:30-11:00 『Juana de YOGA×小中千恵』1,000yen
★すべて初心者の方も参加できるクラスです

お問い合わせ・ご予約
Juana de Arco表参道店 03-5766-8520 / jda_omotesando@hpgrp.com