A ROOM OF WONDER TO
CELEBRATE 35 YEARS OF
WOUTERS & HENDRIX


細かなディティールやオブジェクトが
愛や音、光景などの香り豊かな思い出を
魔法のように呼び起こすことがあります
それは素晴らしい瞬間で
それらのオブジェクトは宝物なのです


クチュール的でありながら独特のユーモアを持ち合わせた大胆な作品を生み出すジュエラー、WOUTERS&HENDRIX(ウッターズ・アンド・ヘンドリックス)の35周年を記念し、ベルギーのアントワープにあるDIVAダイヤモンド博物館にて3つの部屋を使った企画展が行われました(2019年9月12日~2020年2月16日)。300種類を超えるジュエリー、オブジェ、サルバドール・ダリやマン・レイなどのアートピースを通じて、デザイナー2人の頭と心の中を覗き見るような空間がセノグラファーのBob Verhelstにより創り上げられたのです。

その想像力豊かな会場に魅了されたWOUTERS&HENDRIX COLLECTOR、古田 絵里による4回にわたる訪問記をお届けします。
3回目の今回は、宝物の詰まった2つ目の部屋へ向かいます。

Vol.1 Introduction はこちら
Vol.2 Gold: the subtle game はこちら



Vol.3 Finds: beauty is all around


WOUTERS&HENDRIXの二人は
思い出や掘り出し物からインスピレーションを得て
それらに新しい生命を与えることがあります。
2つ目の部屋は「ANTECHAMBER(待合室)」。

フリーマーケットや蚤の市にて
心の向くままに収集された、多種多様なものたち。
ばらばらの異なるパーツを直感的に融合させ
新しい物語を作るようにWOUTERS&HENDRIXの
ジュエリーは作られている。

2つ目の部屋では
WOUTERS&HENDRIXの
アイコニックなアートワークと
蚤の市で見つけてきたもの、
もしくはコンテンポラリー・アートとの
ダイアローグ(対話)が繰り広げられている。






(会場右側全景)



(会場左側全景)



Photo:©Frederik Beyens

2013年、アーリッヒ・ジェスパーはハエに音楽を作らせた。箱の中の五線譜上をハエが飛び、止まったところの音を奏でるという弦楽四重奏を実演した。ディスプレイの中でそのビデオが流れ、ヘッドフォンでハエの奏でる音楽を聴く事ができた。なんともシュールな芸術だ。
アントワープのユーモアを表現するアーティスト、アーリッヒ・ジェスパーはすでにW&Hのクリエイションを支える人物。25周年の際には、以前のW&Hアントワープ店の入り口にユニークなルーレットを取り付けたり(それは買い物に来た方のその日の運命を決めるもの。*1)、手掛けたW&Hのショッピングバッグは開くとクロスワードやレシピが現れるという遊びが潜んでいる(*2)。これが欲しくて買い物をするひとも居るのではないだろうか?
Aarich Jespers (Antwerp, °1972)Vliegenconcert, 2013 video, 4'41"



1993年に作られたカットワークの美しいアームバンドは30周年を迎えた2015年にリバイバルした。
鍵穴やハート、目、ガイコツ、鍵、W&Hの世界を彩るモチーフたちが模様のように並んでいる。
Wouters & HendrixLes Désirs de Désirée, bracelet, 1993
2004年の20周年のときに制作・販売された、限定のBOX
Wouters & Hendrix  Sigarenkistje voor 20ste verjaardag, 2004

Goldの部屋で飾られていた初期の頃の指輪や鳥の足のブローチ(ガーネット付き)、カメオとパールのネックレス、ムール貝と”nuage”のピアス、ヒーリングジュエリーなど7つのお宝コレクションが入った垂涎ものの箱。シガーボックスをW&Hらしくアレンジし使っている。H.P.FRANCEにも当時、一箱入荷したのをよく覚えている。勿論というかやはりW&H好きな方が手に入れていた。アー羨ましい。
シノワズリ的な骨董品もW&Hの作品と色合いがよく合う。
企画展のメインビジュアルにも使われているベルギーの彫刻家の2002年の作品。印象的な水色のトルソ。デザイナーカトリンのコレクション。
Philip Aguirre y Otegui (Schoten, °1961)Untitled, 2002

横に並ぶのは2000年の作品。カラフルな毛糸の編地をシルバーにかぶせたり、組み合わせているのがなんとも斬新だった。当時は販売するのに苦労をした覚えがあるが、今見ても新鮮で、やはり素敵。誰も追いつかないほど時代の先を先を行くセンスだったのだろうと今更ながら気づく。
Wouters & Hendrix Atmosphere of Tenderness, bracelet, 2000
W&HのMy Favouritesコレクションで小さな、1.5㎝ほどのムール貝のブローチが販売されていたのを覚えていらっしゃる方も多いかと思う。本当に、ちっちゃなムール貝だ。
そしてこちら、右側に鎮座するムール貝ブローチをご覧ください。これ、Specialといっても大きすぎでしょうが。
Wouters & HendrixSpecial Edition, brooch, 2017
写真左側、壁にかかる赤と黄色のネックレスは、2015年の洋服のパターンをモチーフにしたコレクション。素材はパースペックスを使い、そのマーブル模様も特徴的だった。
Wouters & HendrixPlayfully Precious, necklace, 2015
WOUTERS&HENDRIXはジュエリーデザイナーであるが、ストーリーテラーでもある。
時折、さまざまなオブジェクトを組み合わせて作品を作る。
鍵、コイン、メッセージが刻まれたメダル、鳥の足、パール、珊瑚、ガーネット、ラブラドライト。
これは記憶の寄せ集め。身に着ける人は自分の解釈で取り入れることが出来る。
Wouters & HendrixCarnival of Emotions, brooch, 2003

 
25周年の2010年に世界で100個限定で作られた懐中時計ネックレス。“HOW TIME FLIES”のメッセージと飛び立つハチドリが刻まれている。私は070/100を購入した。先日、修理部のスタッフの方に(私も欲しかった~)とのお言葉いただき、益々うれしくなっている最中。
Wouters & HendrixLimited Edition for 25th Anniversary, necklace, 2009
2013年作のマラカイトとラピスラズリとパールのイヤリングはとても重い。重いのですぐ外れてしまう。私はこれを紐で耳にくくりつけて店に立っていた。
そう、どうしてもこれを着けたかったのだ。素敵な物はたとえ不便でも許すしかない。
このとき作品に寄り添うということを覚えた。
Wouters & HendrixI Don’t Need You But I Want You, earrings, 2013

赤いチェックのアームバンド。9年くらい前に通勤途中で落とした私のではないか?と何度も思った。あんなに探したのに見つからず、まさかアントワープまで流れ着いていたとは。
Wouters & HendrixI Love to Run, Garden and Crochet, bracelet, 2001

写真下の、吹き出しのブローチは2016年のHolidayコレクションから。お店に立っていて今だに欲しかったわ、のお声を頂くアイテムのひとつだ。
3つのメッセージも実に面白いもの。

「I USED TO THINK SHE WAS THE MOST UNIQUE WOMAN THE WORLD I STILL DO.(かつて、彼女は世界で一番ユニークな女性だと思っていた。未だにそう思っている。)」
「WHAT HAPPENED BETWEEN US,MUST STAY A SECRET(私たちの間に何が起こったか、秘密にしておかなければ。) 」
「I DO. I LOVE HER.(誓います。彼女を愛しています。)」

さぁ、今日はどれを付けて過ごそうかしら。
Wouters & HendrixHoliday, brooch, 2016
2つ目の部屋は、肩の力を抜いて見れるような、これぞWOUTERS&HENDRIXのセンスある遊び心!洒落てる!といったところだった。(センス(扇子)も実際に在ったので見つけてください。)
見覚えのあるシーズン毎のビジュアル、欲しかったあのBOX、ただコレクションしたかっただけの重すぎるイヤリング、若き自分には販売が困難だった懐かしのアイテム。それぞれのコレクションに付いていた名前を読んでは(どれも見事に興味深いタイトルを持っている。)当時を思い返した。
動画で流れていた衝撃的なハエが先導する音楽を作ったのが、以前のWOUTERS&HENRDIX SHOPの入り口に取り付けられていたルーレット(*1)や、紙袋(*2)を作った方だったのか!と納得の関係性も知る。
今回もまた自分が一番勉強になった振り返り記録だった。

次週は早くも最終回。ここ待合室とは打って変わり、ふたたび緊張感のある3つ目の部屋「ROOM WITH A VIEW」-眺めの良い部屋-を訪れる。
そして私の手元の『ROOM OF WONDER』の図録は受験前の教科書のように日々使い込まれていっている。(※図録はrooms40でも数量限定で販売致します。)WOUTERS&HENDRIXクイズ選手権をやったら準優勝位は狙えるかもしれない。
来週はこの記録も山場を迎え、デザイナーふたりとrooms40も迎える。何が起こるのか楽しみでならない。皆様のご来場を、お待ちしております。


2020年2月12日

WOUTERS&HENDRIX COLLECTOR 古田 絵里

 
(*1)2014年 WOUTERS&HENRDIX SHOPのウィンドーディスプレイ
(*1)SHOPの入り口に取り付けられていたルーレット
(*2)アーリッヒ・ジェスパーが手掛けたショッピングバッグ
(*2)ショッピングバッグを開くとクロスワードやレシピが現れる


『ROOM  OF WONDERⅡ』@DIVA ANTWERP HOME OF DIAMONDS
Scenography concept:Bob Verhelst
Curation:Romy Cox, Katrin Wouters & Karen Hendrix



← ← Vol.1 Introduction はこちら
← Vol.2 Gold: the subtle game はこちら

(次回更新は2月18日予定となります。お楽しみに。)




『ROOM OF WONDER』
@rooms40
2020年2月20日〜22日
WOUTERS&HENDRIXの
クリエイションの世界が日本へ



Photo:©Frederik Beyens

2/20(木)~22(土)に開催されるrooms40では、ご紹介している『ROOM OF WONDER』が再編集され、ふたつの部屋を披露します。
入った時にWOW!と驚く真っ暗な部屋『WOW ROOM』では18個のショーケースの中で作品同士がひそやかな対話をし、待合室を意味する『ANTICHAMBRE』ではふたりが蚤の市で見つけたお気に入りの骨董品や過去の作品、ビジュアルでW&Hらしい愉しい空間を演出します。
また、rooms40に合わせて12年ぶりに来日するデザイナー KatrinとKarenの2人から、今回の展示「ROOM OF WONDER」を解説するツアーが4回開催されます。

■日時: 定員各15名
①2月21日(金) 11:30-11:50
②2月21日(金) 14:30-14:50
③2月22日(土) 11:30-11:50
④2月22日(土) 12:30-12:50

是非、お運びください。

→詳細、ご登録についてはこちらから


→クリエイティブの祭典「rooms40」についてはこちら