A ROOM OF WONDER TO
CELEBRATE 35 YEARS OF
WOUTERS & HENDRIX


細かなディティールやオブジェクトが
愛や音、光景などの香り豊かな思い出を
魔法のように呼び起こすことがあります
それは素晴らしい瞬間で
それらのオブジェクトは宝物なのです


クチュール的でありながら独特のユーモアを持ち合わせた大胆な作品を生み出すジュエラー、WOUTERS&HENDRIX(ウッターズ・アンド・ヘンドリックス)の35周年を記念し、ベルギーのアントワープにあるDIVAダイヤモンド博物館にて3つの部屋を使った企画展が行われました(2019年9月12日~2020年2月16日)。300種類を超えるジュエリー、オブジェ、サルバドール・ダリやマン・レイなどのアートピースを通じて、デザイナー2人の頭と心の中を覗き見るような空間がセノグラファーのBob Verhelstにより創り上げられたのです。

その想像力豊かな会場に魅了されたWOUTERS&HENDRIX COLLECTOR、古田 絵里による訪問記を4回に分けてお届けします。

Vol.1 Introduction



気づけば20年間も、私が無心に集め続けてきたジュエリーブランドWOUTERS&HENDRIXが今年35周年を迎えた。それを記念してアントワープのDIVAダイヤモンド博物館で企画展を行うと耳にしたのは一年ほど前のことだったと思う。 W&Hが手掛けるエクスポジションとは? 一体何がなされるのか? 彼女たちの過去の作品も出てくるのだろうか?.. さまざま想像を巡らせているうちに、昨年9月12日より始まった企画展 『ROOM OF WONDERⅡ』 は、来月2月16日で会期終了となる。この5ヶ月はあっという間のものだった。

WOUTERS&HENDRIXのコレクターを自負する私(*1)には、見に行かないという選択肢はなかった。それはコレクションできる類いのものではないのは分かってはいたが、ただ一ファンとして実際に見て記憶に残したい(これもコレクター魂というのだろうか?)、その思いだけだった。 SNSや先に訪れたスタッフ達からの画像を目にしては期待を膨らます時を過ごし、2020年になり直ぐにアントワープを訪れた。(*2) 3度目となるWOUTERS&HENDRIXアントワープ直営店訪問(*3)を儀式のように終え(案の定またコレクションをふたつばかり増やすことになる *4)、待望のDIVAダイヤモンド博物館へ向かった。(*5,6)


(*1)コレクションとともに記念撮影。数は数えたことはないが、総重量は2018年に6キロを超えたので、2020年1月現在おそらく7キロと思われる。
(*2)世界でもっとも美しいとも言われる、アントワープ中央駅。アントワープ来訪は3度目となる。もちろんいつの日も目当てはWOUTERS&HENDRIXに決まっている。
(*3) アントワープにあるWOUTERS&HENDRIXの直営店。(これは前回2017年に訪れた際のウィンドウ。) 他に、ブリュッセル・クノック・アムステルダムと、計4店舗在る。それぞれが異なる世界を見せるので、次こそ他の店舗へも足を運びたい。
(*4) いつも旅を共にしてくれるH.P.FRANCE BoutiqueのバイヤーChieさんと。頼もしく、デザイナーさん達からの信望は国境を越えるほど厚い。私は店に入った途端コレクター脳をフル回転させるので選ぶのは早い。そして嬉々として身に着け店を出るのがお決まり。またW&H SHOPの店員さんたちはそれぞれ似合うものをさらっと着けていたのが印象的だった。私もああなりたいといつも思うのだが。
(*5)DIVAダイヤモンド博物館が近づくにつれて、企画展の横断幕がはためく姿が見える。
(*6)DIVAダイヤモンド博物館は2018年5月にオープンした、アントワープの中心部に在るダイヤモンドに捧げられた新しい美術館だ。アントワープと言えば、ダイヤモンド産業が有名ですからね。


あれから3週間が経つが今だに時間の感覚が戻らないのは時差のせいだけではないと、振り返って見て気づいた。

この企画展はじきに終わりを迎えるが、この事を、同じようにWOUTERS&HENDRIX好きな方々はもちろん、H.P.FRANCEに足を運んでくださっている皆様にも見て頂きたいと思い、これから3回に分けてここに記録します。最後までお付き合いいただければ幸いです。(*7,8,9)


2020年1月31日

WOUTERS&HENDRIX COLLECTOR 古田 絵里




(*7)チケット売り場の傍らにも目を離せないオブジェが展示され、W&Hの世界へ誘導する。 これは30周年の時に日本にもやってきた腰かける目玉ではないか!ここで再会するとは。
(*8)入り口へ誘うエントランス。何度もためつすがめつ眺め続けたビジュアルがそれぞれこんなに拡大されて!! それだけでも(私にとっては)大興奮なこと。
(*9)さぁ、扉を開きますよ。準備はよろしいですか?


『ROOM  OF WONDERⅡ』@DIVA ANTWERP HOME OF DIAMONDS
Scenography concept:Bob Verhelst
Curation:Romy Cox, Katrin Wouters & Karen Hendrix


→ 「Vol.2 Gold: the subtle game」はこちら
→ 「Vol.3 Finds: beauty is all around」はこちら



『ROOM OF WONDER』
@rooms40
2020年2月20日〜22日
WOUTERS&HENDRIXの
クリエイションの世界が日本へ



Photo:©Frederik Beyens

ベルギー・アントワープにあるDIVAダイヤモンド博物館にてWOUTERS&HENDRIXがキュレーションした企画展「Room of WonderⅡ」が、rooms40のために再編成され登場します。デザイナー2人が来日し創り上げる、2つの部屋で構成される魅惑の世界。是非、お運びください。
→クリエイティブの祭典「rooms40」についてはこちら