Welcome to John Derian Company


NY、マンハッタンバワリー地区にあるJohn Derian(ジョン・デリアン)の店には、彼の視点が具現化された唯一無二の世界観が広がっています。溢れんばかりの色彩、あらゆる素材が洪水のように溢れかえり、現代のクリエイションとアンティークの品々が隣り合って並べられた空間は、さながら博物館のよう。美しくも奇妙な、ジョン・デリアンの世界へようこそ。
ジョン・デリアンは、NYを拠点とするアーティスト。彼の原点は1983 年マサチューセッツのセーラムで開催されたフリーマーケットに遡ります。会場を散策するうち、彼は偶然古びた箱を見つけました。箱の内には、くたびれた古い書籍と2枚の紙。



19世紀の年号と花の挿絵が印刷された紙を見た途端、深く興味を惹かれました。“時を経てもなぜこんなに色鮮やかなのだろう?”。この挿絵は書籍からとられたものだろうか?”この時の驚きと興味が、その後30 年以上にわたる手彩色の印刷物類の蒐集へと、彼自身を駆り立ててきました。この印刷物との出会いから数年後、「デコパージュ」と呼ばれるイタリアの古い技法を知り、古い印刷物への興味と情熱を世界と分かち合うには、これが理想的な手段であると考えました。今では毎年2 回発表するジョン・デリアンの新しいクリエイションを、世界中のファンが待ちわびています。



デコパージュとは、デコパージュとはフランス語でdecouper(切る・切り取る)を語源とする言葉で、紙を裁断してコラージュし、ガラスに糊で張り付けて、美しい工芸品を作りあげる手工芸のことです。16世紀頃、イタリアの家具職人が日本の漆器を真似て始めたといわれています。ジョン・デリアンがデコパージュを選んだ理由について質問しました。「1988年にアーティスト仲間のひとりが、透明なガラスのプレートを見せて、裏側からコラージュを貼り付けるリバースコラージュの作り方を説明してくれたのです。自分のスタジオに帰るや否や、試作を繰り返した後で、たった一つしかないイメージをいくつものデコパージュにすることを可能にし、また、希少性の高いプリント紙に新たな命をもたらしてくれました。」以来ジョン・デリアンは、この技法を用いて、ペーパーウェイト、飾り皿、ランプ、ベースなど数多くのデコラティブ・オブジェを発表し続けています。

H.P.DECOでは、ジョン・デリアンの数あるコレクションの中から絵柄をセレクトし、ラッピングペーパーとして使用しています。
ヴィンテージのような美しい花柄で、贈り物をお包みします。

H.P.DECOショップ詳細>