Tsé&Tsé associées
"Tsé&Tsé associées MADE in JAPAN "



カトリーヌ・レヴィとシゴレーヌ・プレボワによる「Tsé & Tsé associées(ツェツェ・アソシエ)」は、一度見たら忘れる事の出来ないユニークな作品を生み出す世界で人気のクリエイター。まったく異なる文化や年代のもの、見過ごされてしまったデザインが、彼女たちのフィルターを通すとユーモラスにリデザインされ、見事に調和した空間を創り出しました。


 
 


今回、25年以上にわたって親交を深めてきたツェツェ・アソシエとアッシュ・ペー・フランスによる共作、「Tsé&Tsé associées MADE IN JAPAN(ツェツェ・アソシエ メイドインジャパン)」をご紹介します。全てのアイテムは日本国内で生産し、「RYOKAN(旅館)」をテーマにしています。ツェツェ・アソシエの二人が自由に思い描く日本の旅館を、食器や寝具など様々なアイテムで表現します。デビュー当初から日本を愛してきた彼女たちならではのアイディアと日本のものづくりによってつくられるコレクションです。彼女たちのシグネチャーコレクションとの調和もお楽しみください。
 


 
 
 

LAMP

浅草で江戸時代から続く老舗提灯店による手描きランプシェード。まるで魔法の薬が入っているようなボトル型の提灯は、お部屋のアクセントにぴったりです。計算されたらせん柄は、熟練の職人にしか描けない特別な仕上がりで、1点1点異なる手描きならではの表情を楽しめます。ツェツェ・アソシエのポップなデザインと江戸の職人技のコラボレーションによって生まれましたランプは、空間に遊び心をもたらします。
各¥20,900(税込)
キューブ形の紙製のシェードから柔らかな光が漏れるツェツェ・アソシエの永遠の定番であるキュービストガーランド。日本の折り紙の紙風船からインスピレーションを得ました。一つ一つにLEDが入ったキューブランプがガーランド状になった照明です。吊り下げ方や,位置によって様々な表情を作ることができます。窓辺に這わせたり,ミラーのまわりをデコレーションするなど,彼女たちのプロダクトならではの,使用者自身の創意工夫を存分に発揮できるユニークなアイテムです。
各¥31,900(税込)
 
 
 
 

TABLE WEAR




ホタテ貝のようなすこしいびつな木皿。手に持ちやすい立ち上がり部分は曲げ木で形作られています。色は漆手塗りの技術を用いて職人が手作業で塗るため、1 点1 点表情が異なります。ツェツェ・アソシエの人気シリーズ「おなかペコペコのお皿」はどんなアイテムとの相性も抜群です。色合わせを楽しみながらいただきましょう。
 
 
 
 

FLOWER VASE




ツェツェ・アソシエの代表作であり,デビュー作「四月の花器」。日本の生け花にインスパイアされました。彼女たちのものづくりの歴史はここからスタートしました。この花器はパリのポンピドゥーセンターの永久展示品とされており,現在でもクリエイティブな新鮮さを失いません。試験管が連なった花器は,サークルにしたり,ジグザグにしたりと自由に姿を変えられるユニークさが魅力。季節のお花や植物を活けるだけでなく,ペンやカトラリースタンドとしてなどルールにとらわれない発想と想像でお楽しみいただけます。
 
 
ぶらりと垂れ下がりゆらゆらと風を受けて揺れ動く様が,動物の「なまけもの」のような,吊るして使用するフラワーベースです。三つ穴に差し込まれた花々のコンビネーションが一度見たら忘れられないデザイン。 その日の気分で3つの穴全てに花を生けても,1つの穴だけに生けても,印象が様々に変わる不思議な花器です。
 
 
 
 


Tsé&Tsé associées





Tsé&Tsé associées(ツェツェ・アソシエ) ツェツェ・アソシエのデザイナーのカトリーヌ・レヴィとシゴレーヌ・プレボワは1984年にパリの国立工芸学院で出会い,意気投合して一緒に制作活動をはじめ,1992年に「ツェツェ・アソシエ」社を設立。ブランドの代表作であり,デビュー作の「四月の花器」は,パリのポンピドゥーセンターの永久展示品とされています。キューブ状の紙を重ねたガーランドのような「キュービストガーランド」,「のどカラカラのグラス」など,数々のユニークな商品を生み出し,パリを中心に世界で一躍人気のクリエイターになりました。彼女たちのクリエイションは,デザイナーの2人がパリで日常的に出会うさまざまな素材から膨らませたイメージ,ヨーロッパ各地やアフリカ,とりわけ日本やインド,トルコなどの旅先で得たインスピレーション,そして,そこで見つけた「宝物」から発想されたユニークなものばかり。数々のヒット作を生み出した今も尚,その想像力は留まることなく,世界中の人々のインテリアへの好奇心を刺激し続けています。