Tsé &Tsé associées(ツェツェ・アソシエ)のデザイナーのカトリーヌ・レヴィとシゴレーヌ・プレボワは


1984年にパリの国立工芸学院で出会い、意気投合して一緒に制作活動をはじめ、1992年に「ツェツェ・アソシエ」社を設立。


キューブ状の和紙を重ねたガーランドのような「キュービストガーランド」、「のどカラカラのグラス」など、


数々のユニークな商品を生み出し、パリを中心に世界で一躍人気のクリエイターになりました。


彼女たちのクリエイションは、デザイナーの2人がパリで日常的に出会うさまざまな素材から膨らませたイメージ、


ヨーロッパ各地やアフリカ、とりわけ日本やインド、トルコなどの旅先で得たインスピレーション、


そして、そこで見つけた「宝物」から発想されたユニークなものばかり。


数々のヒット作を生み出した今も尚、その想像力は留まることなく、世界中の人々のインテリアへの好奇心を刺激し続けています。

 

ツェツェ・アソシエの代表作であり、デビュー作「四月の花器」。彼女たちのものづくりの歴史はここからスタートしました。


この花器はパリのポンピドゥーセンターの永久展示品とされており、現在でもクリエイティブな新鮮さを失いません。


今回この花器の25周年を記念して、二種類の特別な「四月の花器」が発表されました。


21本の試験管が連なった花器は、サークルにしたり、ジグザグにしたりと自由に姿を変えられるユニークさが魅力。


季節のお花や植物を活けるだけでなく、ペンやカトラリースタンドとしてなどルールにとらわれない発想と想像でお楽しみいただけます。

 

25周年を迎えた四月の花器3サイズに加え、個性豊かな花器たち。


浮遊感のある現代アートのようななまけものの花器。植物が七夜、七日かけて成長していく様子を表現した花器。


アレンジが苦手でも、ラフに活けるだけで様になるツェツェ・アソシエの花器は、


花が大好きだというデザイナーたちも愛用しています。

 

オブジェのように魅力的なツェツェ・アソシエの照明は、お部屋を楽しく彩ります。


まるでキャラクターのようなジグザグのアームが特徴的なミロボランプ。


代表作のひとつである、紙製のキューブが連なったキュービストガーランドは柔らかな灯りが漏れます。


自由に動きが付けられる蛍のガーランドライトは、幻想的な世界へと誘います。

 

ユニークなネーミングと個性的な形が特徴のテーブルウェアシリーズ。


白、金、銀を基調にデザインされ、同シリーズのほかのアイテムと美しく調和するでしょう。


ひとつひとつが異なる自然な形は、思わず笑みがこぼれ、心を和ませてくれます。


重ねたとき、並べたとき、その違いが豊かに輝きだします。


お腹ペコペコで食卓を囲み、楽しいおしゃべりは弾んでのどはカラカラに!