H.P.FRANCE PRESS × BUYER 2020年春夏コレクション トレンド対談 PART 2
AFRICAN〜洗練された女性のプリミティブスタイル〜



アッシュ・ぺー・フランスのプレス 江間とバイヤー 斉所が、最新コレクションを紐解くトレンド対談。第2弾は、自然へのオマージュの新たな切り口として、大人なアフリカンテイストをご紹介します。
 
 

PROFILE


H.P.FRANCE PR 江間 亮子(えま りょうこ)
90年代の「フレンチスタイル」ムーブメントの洗礼を受け、一歩でもフランスの文化に近づきたく、96年にアッシュ・ペー・フランスの門戸を叩く。以降ファッションの持つ魔力に囚われて、「伝える人=PR」であるべく奮闘中。

H.P.FRANCE BUYER 斉所 素子(さいしょ もとこ)
2005年、アッシュ・ペー・フランス入社。goldie H.P.FRANCE新宿店にて販売、5年間の店長職を経て、H.P.FRANCE SHOWROOMバイヤーに。年間4回パリ、ロンドン、ミラノなどヨーロッパ出張へ出向き、独自の感性と受信力で新しいトレンドとニュークリエイターの発掘を行う。現在は、goldie H.P.FRANCEのバイイングも手掛ける。




江間 2020年春夏シーズンは、「サステイナビリティ」という社会的課題に対してファッション業界がどう取り組んでいくかが一大テーマとなりましたね。ただ、ファッションにおける「サステイナビリティ」は、単に環境問題だけじゃなく、職人の育成や文化の継承など、自分たちがやるべきことをどう未来につなげていくか、という複雑な課題に注目するブランドも。

斎所 このムーブメントをきっかけに、環境問題という一面だけにヒステリックになるのではなく、「ものを大切にする」ことについても改めて考えて欲しいと思いました。単純なことだけれど、暴力的な買い方ではなく、本当に必要なものを自分に問うこと。自分自身が何かを我慢したり束縛されたりせずに、気持ち良く継続できること。自分にとってヘルシーな決断もサステイナブルだと思います。

江間 ファッションにおいてどういう生き方、どういう選択をしていくか、今一度考えるきっかけになるシーズンになりそうですね。


(右上から時計回り)サングラス ¥63,000+TAX, グラスコード ¥29,000+TAX HISTOIRE DE VOIR / ネックレス IOSSELLIANI ¥37,000+TAX / シューズ RUPERT SANDERSON ¥89,000+TAX / ピアス DELPHINE CHARLOTTE Parmentier ¥34,000+TAX / ショルダーバッグ JAMIN PUECH ¥39,000+TAX / バッグ SUSANNAH HUNTER ¥65,000+TAX / スカーフ JANE CARR ¥42,000+TAX / ハット JACK GOMME ¥15,500+TAX

江間 2020年春夏のトレンドの中でも、前回ご紹介した「B.C.B.G(ベーセーベージェー)」がフレッシュなパリジェンヌを想起させるものだとしたら、今回はもっと成熟した大人の女性に提案したいテーマ。アフリカの自然やプリミティブなスタイルを想起させます。プリミティブの要素が強く、ユニフォームやサファリルックに代表されるような、ハンサムウーマン的なスタイリングです。

斉所 自然と共存するアフリカで生きる女性の逞しさ、美しく力強い表現方法へのオマージュが感じられますね。

江間 特徴として、自然の要素はあるけれどアフリカの原色づかいなどの美意識に注目し、ナチュラル志向になりすぎないところ。サファリジャケットにグラフィカルなプリントのスカーフを合わせたり、都会的で洗練された仕上がりた特徴です。自然を見つめ直すシーズンテーマとして、また新たな表現方法だと思います。

斉所 今シーズンは、アニマルプリントも多いですね。JEROME DREYFUSS(ジェローム・ドレフィス)は、クロコダイルプリントとスネークプリントというあえて異素材を合わせたバッグを提案しています。

江間 サファリというテーマに連携し、その他にもレオパードやリザードなどアニマル使いが多い印象ですね。
バッグ JEROME DREYFUSS ¥72,000+TAX
シューズ MICHEL VIVIEN ¥69,000+TAX
斉所 FALIERO SARTI(ファリエロ・サルティ)はアフリカのバティック柄のスカーフを提案。SUSANNAH HUNTER(スザンナ・ハンター)も、いつもはフラワーモチーフのパッチワークが定番ですが、今回はシックな色合いのカモフラージュ柄のバッグが新しく登場しました。

江間 RUPERT SANDERSON(ルパート サンダーソン)のサンダルは、クリアなモチーフを合わせてよりモダンなプリミティブ感を演出しています。どちらかというと、サファリジャケットやパンツスタイルはユニフォームの要素が強くなるので、女性らしさやトレンド感を主張できる、インパクトの強い小物アイテムが特徴かもしれないですね。

斉所 チノパンやつなぎ、ハーフパンツのセットアップなど、少しメンズライクな洋服に合わせると今年らしくなる。デニムやシャツといった普遍的に愛されてきた素材に、ベージュカラーやチノ素材などを合わせる。ユニセックスやジェンダレスなスタイルが、世の中に浸透してきたからこそのスタイルだと思います。
麻素材も多い中、JACK GOMME(ジャック・ゴム)はお得意の麻素材にポリウレタン加工で、今年らしいサファリテイストのハットを提案。
バッグ JAMIN PUECH ¥70,000+TAX
江間 また、今シーズンのイットアイテムとして注目したいのがグラスコード(=サングラスチェーン)で、且つデザイン性の高いサングラスにも注目です。アクササリーでは、IOSSELLIANI(イオッセリアーニ)は アフリカの部族が身につけているようなプリミティブなデザインにパールを加えて、ミニマルでモダンな印象に。

斉所 DELPHINE CHARLOTTE Parmentier(デルフィ-ヌ・シャルロット・パルモンティエ)のシーズンテーマもアメリカのインディアンなので、幾何学的なモチーフ使いが見られます。 
サングラス ¥63,000+TAX, グラスコード ¥29,000+TAX HISTOIRE DE VOIR
ネックレス MEDECINE DOUCE ¥21,000+TAX
江間 ナチュラル感はあるけれど、ヴィヴィットな色使いやプリントで自然の持つパワフルな側ポジティブに表現したい印象。
多くの社会問題に立ち向かう女性に向けて、お嬢様スタイルの「B.C.B.G(ベーセーベージェー)」をテーマに打ち出す一方で、今回のようにマチュアな女性像を打ち出すブランドも。そういう意味では、女性らしさにも多様性が見えてきたのかもしれません。

TREND COORDINATE

日に焼けた砂のようなカラーのシャツワンピースに、トーン&トーンで小物を合わせ、シックなサファリスタイルに。
今期注目のイットアイテム「チャンキーチェーンのグラスコード」をアクセサリー感覚で取り入れて。
ヌードカラーのサンダルは、洗練されたスタイルに仕上げてくれます。

ピアス IOSSELLIANI ¥28,000+TAX
バック JEROME DREYFUSS ¥72,000+TAX
シューズ MICHEL VIVIEN ¥69,000+TAX
サングラス HISTOIRE DE VOIR ¥63,000+TAX
グラスコード HISTOIRE DE VOIR ¥29,000+TAX
JAMIN PUECHの色のコントラストが大胆なバッグは、フリンジといいまさにトレンド。バッグは女性らしいボリューム感にして、靴はヒールを合わせました。
メンズライクな素材やアイテムですが、ウエストマークするなど女性らしい着方や小物をミックスしました。

ネックレス MEDECINE DOUCE ¥21,000+TAX
バック JAMIN PUECH ¥70,000+TAX

主要取扱店舗


goldie H.P.FRANCE全店
H.P.FRANCE Boutique全店
Theatre H.P.FRANCE全店
※店舗によって取扱のない商品もございます。直接店舗へお問い合わせください。