H.P.FRANCE PRESS × BUYER 2020年春夏コレクション トレンド対談 PART 1
B.C.B.G 〜南仏風レトロクラシック〜



今シーズンもアッシュ・ぺー・フランスのプレス 江間とバイヤー 斉所が、最新コレクションの傾向について紐解いていく。第1弾のテーマは、クラシックテイストが再び注目され始める2020年春夏シーズンにぴったりのキーワード、「B.C.B.G(ベーセーベージェー)」。2020年春夏のトレンドを取り入れたおすすめのスタイルと共にご紹介する。
 
 

PROFILE


H.P.FRANCE PR 江間 亮子(えま りょうこ)
90年代の「フレンチスタイル」ムーブメントの洗礼を受け、一歩でもフランスの文化に近づきたく、96年にアッシュ・ペー・フランスの門戸を叩く。以降ファッションの持つ魔力に囚われて、「伝える人=PR」であるべく奮闘中。

H.P.FRANCE BUYER 斉所 素子(さいしょ もとこ)
2005年、アッシュ・ペー・フランス入社。goldie H.P.FRANCE新宿店にて販売、5年間の店長職を経て、H.P.FRANCE SHOWROOMバイヤーに。年間4回パリ、ロンドン、ミラノなどヨーロッパ出張へ出向き、独自の感性と受信力で新しいトレンドとニュークリエイターの発掘を行う。現在は、goldie H.P.FRANCEのバイイングも手掛ける。




江間 2020年春夏シーズンは、「サステイナビリティ」という社会的課題に対してファッション業界がどう取り組んでいくかが一大テーマとなりましたね。ただ、ファッションにおける「サステイナビリティ」は、単に環境問題だけじゃなく、職人の育成や文化の継承など、自分たちがやるべきことをどう未来につなげていくか、という複雑な課題に注目するブランドも。

斎所 このムーブメントをきっかけに、環境問題という一面だけにヒステリックになるのではなく、「ものを大切にする」ことについても改めて考えて欲しいと思いました。単純なことだけれど、暴力的な買い方ではなく、本当に必要なものを自分に問うこと。自分自身が何かを我慢したり束縛されたりせずに、気持ち良く継続できること。自分にとってヘルシーな決断もサステイナブルだと思います。

江間 ファッションにおいてどういう生き方、どういう選択をしていくか、今一度考えるきっかけになるシーズンになりそうですね。


(右上から時計回り)シルクスカーフ JANE CARR ¥16,000+TAX / ハット MUHLBAUER ¥20,000+TAX / バッグ MEHRY MU ¥95,000+TAX / ネックレス IOSSELLIANI ¥30,000+TAX / サンダル RUPERT SANDERSON ¥93,000+TAX / バッグ JAMIN PUECH ¥72,000+TAX / ピアス MEDECINE DOUCE ¥16,000+TAX / バッグ JEROME DREYFUSS ¥136,000+TAX / ネックレス MEDECINE DOUCE ¥19,000+TAX

江間 2019年秋冬から、クラシックなテイストが再び注目され始め、今シーズンはより色濃くコレクションに反映されている印象があります。ベーシックなアイテムを長く使って欲しいというクリエイターたちの想いが背景にあり、本当に良いものを改めて提案する傾向にありますね。
まずキーワードとなるのが、パリジェンヌがジャケットにジーンズを合わせるようなフランスのお嬢様スタイル「B.C.B.G(ベーセーベージェー)」。今年の春夏は、そこにリゾート感やボヘミアンなテイストを混ぜて、異国の地に向かうような雰囲気に。一つ一つのアイテムというよりは全体のスタイリングで魅せていくのがポイントになるので、特に小物使いが重要です。

斎所 具体的にはチャンキーヒールのサンダルやベルボトムのジーンズ、ジャケットなど70年代を想起させる素材やアイテムがポイントですね。JEROME DREYFUSS(ジェローム・ドレフィス)のデニムバッグはパッチワークが効いていてボヘミアンなテイストに。RUPERT SANDERSON(ルパート サンダーソン)のプラットフォームのサンダルもオススメです。
JANE CARR(ジェーン・カー)のシルクスカーフは、ターバン風に頭に巻くと可愛いかも。都会からリゾートに来たパリジェンヌ感が出ますね。
バッグ JEROME DREYFUSS ¥136,000+TAX
サンダル RUPERT SANDERSON ¥93,000+TAX
江間 洋服はあえてシンプルに、ゆったりしたドレスに合わせても良いと思います。

斎所 MEHRY MU(メヘリー・ムー)のバッグは、トップハンドルのクラシカルな形なので、品の良いお嬢様感を出してくれます。使い古した加工のゆったりしたバッグより、あえてきちんとしたトラッドなバッグを合わせる方がB.C.B.G風になりますね。

江間 JAMIN PUECH(ジャマン・ピュエッシュ)のコットンレースやギンガムチェックのバッグも合いそう。

斎所 70年代特に肩にかけられるワンショルダーバッグが多いですよね。長いストラップを斜めがけにしたりリュックとして背負ったりせず、持ち方もカジュアルになり過ぎないイメージです。
バッグ MEHRY MU ¥85,000+TAX
江間 アクセサリーを合わせるなら、少しエスニック感のあるロングペンダントや、お母さんに借りてきたような70年代風の大振りネックレスなど、ボリュームのあるものより、少し肩の力を抜いたスタイリングを提案したいですね。

斎所 The Magpie & The Wardrobe(ザ・マグパイ・アンド・ザ・ワードローブ)の二連ネックレスは、ロングペンダントの重ねづけというトレンドにまさにぴったり。トパーズやドロップ型のビーズなどノスタルジックなパーツもポイントです。天然石のグリーンアメジストが使われていて、自分のお守りと一緒に重ねて着けても良いと思います。
ネックレス IOSSELLIANI (ロング)¥30,000+TAX (ミディアム)¥34,000+TAX
ピアス MEDECINE DOUCE ¥16,000+TAX
江間 自分のクローゼットの中にあるベーシックなアイテムの着こなしを見返して、今年らしく自分の気分をブラッシュアップできるのが2020年春夏シーズン。全てをストイックに新しくしなくても、新しい小物を一つ付け足すなど、自分の中でブラッシュアップしていただきたいですね。

TREND COORDINATE

レトロパターンのブラウスに、ペンダントの重ねづけて、シーズンのムードを取り入れて。
クラシカルなワンハンドルのバックにサブリナパンツを合わせて軽快な印象に。70年代の香りのするフランス版トラッドなコーディネート。

ネックレス IOSSELLIANI (ロング)¥30,000+TAX
(ミディアム)¥34,000+TAX
リング IOSSELLIANI ¥25,000+TAX
バック MEHRY MU ¥95,000+TAX
※その他私物
JEROME DREYFUSSのデニムプリントのバッグには敢えてデニムを合わせて、今シーズンらしく素材を主張。
ジオメトリックモチーフのマザーオブパールとGOLDメタルが特徴のMEDECINE DOUCEのピアスは、ボリューム感がちょうど良く、カジュアル素材の洋服を引き締めてくれる。

ピアス MEDECINE DOUCE ¥16,000+TAX
バッグ JEROME DREYFUSS ¥136,000+TAX
サンダル RUPERT SANDERSON ¥93,000+TAX
※その他私物

主要取扱店舗


goldie H.P.FRANCE全店
H.P.FRANCE Boutique全店
Theatre H.P.FRANCE全店
※店舗によって取扱のない商品もございます。直接店舗へお問い合わせください。