ALTO RENDIMIENTO 2020


Tramandoは2018年より、処分された生地を回収して、それらに新しい命を送り込み、生まれ変わらせてきました。
今日、これまで以上に、この取り組みはファッション業界において必要不可欠になっています。
2020年、Tramandoはこのパラダイムに基づき、オリンピックとプロアスリートにインスパイアされたコレクションを発表しました。

Nadia Comaneciと、Noemi Simonettoがプリントに登場し、私達の身体を運んでくれます。
アクセントとなる金属には、ゴールド、シルバー、ブロンズが使用され、オリンピックを彷彿させます。
衣服のシルエットは、身体を固定するエアロダイナミクスなのです。

その他のプリントは、Tramandoが大事にしているクリエイションを元に創られています。
コレクションは季節に左右されることなく、継続して現在を創り出し、生きていかなければならないのです。

Tramando 2020AWコレクションはオリンピックがテーマとなっております。そのため、ナディア・エレーナ・コマネチ選手やハードルを跳ぶアスリートなどを大胆にプリントした、Tramandoらしいユニークなテキスタイルが繰り広げられています。

DESIGNER PROFILE





マルティン・チュルバ

アルゼンチン・ブエノスアイレス出身、在住のアーティスト(ファッション・プロダクト・テキスタイルデザイナー)。生地にゴムやビーズを圧着させて、糸を使わず服をつくるのを得意とし、その独創的なテキスタイルが特徴です。Tramandoのクリエイションは、“洋服”という概念にとらわれないアート作品として進化し続けています。服作りの上で、常に自由な発想を大切にしてきました。コレクションを手に取るお客様にも、Tramandoのテキスタイルから“自由”を感じ、着る度に異なる表情を楽しんで頂きたいです。そして今後更なるテキスタイルの表現を日本の皆さまにお届けすることを約束します。
マルティン・チュルバ率いるTramandoのコレクションは、2004-05年秋冬からスタート。オリジナルプリントや独創的な加工が目を引くコレクションは、パンキッシュでフェミニンなスタイルが特徴で、プレタポルテとオートクチュールで構成されています。