水金流ゆかたコーディネート指南



日本の夏を満喫するなら、
やはり和装をさらりと素敵に着こなしたい。
そんな大人の女性のために、
水金流・気軽で小粋なゆかたコーディネート
をご紹介します。


- 色で遊ぶ大人のカジュアル -





明るいブルーの綿紬にとりどりの染色が入ったゆかたには、ぱっと目をひく鮮やかな帯と、大ぶりの片耳ピアスで差し色をリンク。
ざっくりとした籠バッグや愛らしい黄色の花緒もアクセントに。夏らしく明るいムードを盛り上げつつも、大人らしい印象を残すカギは素材の上質さです。

- 馴染みトーンを優しく着こなす -





サーモンピンクをくすませたようなべんがら染のゆかたに相応しいのは、同じようにデリケートな色味のコーディネート。
琉球絣の帯やタッサーシルク更紗の日傘で、ナチュラルなトーンに揃えましょう。全体がぼやけてしまわないよう、仕上げにインド刺繍の小ぶりなバッグで少しだけ濃い色味を添えて。

- 柄×柄でも涼やかに見せるには -





萩の葉をあっさりと描いたゆかたには、ゆかたと同じベージュ、ブルー、赤を基調にしたタッサーシルクの更紗帯&日傘を。
アイテムの色味を揃えながら、柄の密度にメリハリをつければこんなに上品にまとまります。白蝶貝に細かく花が描かれたかんざしで、小物まで抜かりなく演出しましょう。

- 上級者らしいエキゾチックな和装 -





思いきり渋い松煙染めのゆかたは、着こなしで遊べる飽きの来ないアイテム。ジオメトリックなシルク帯やインドの金糸刺繍バッグをコーディネートすると、夜のお出かけにも似合うエキゾチックスタイルが完成します。
金蒔絵のピアス&帯留でさらに艶感を添えれば、他の誰ともかぶらない上級者の風格に。