Loading...
水金の文庫革
小さな三つ折り財布
2021年1月3日(日) / 販売開始

室町時代から伝わる皮革伝統工芸に、水金地火木土天冥海のエキゾチックな感性が加わって完成する「水金の文庫革」。小さなバッグやアウターのポケットにも収まる小さめサイズがあったらいいな…というたくさんのお声に応え、このたびついに新型「三つ折り財布」が登場いたしました。




今までのラインナップと並べてみてもこんなにコンパクト。



開け閉めしやすいがま口金具、たっぷり10枚分のカードポケットなど、小ぶりながらも充実した機能性を備えています。

新しい年を新しい気持ちで迎えるために、ちょっとご近所へのお出かけにも、身軽になりたい旅先にもぴったりの小さなお財布はいかがですか?



▶︎販売開始日
2021年1月3日(日) 一粒万倍日

▶︎ご予約受付中
2020年12月13日(日) 〜寅の日

▶︎取り扱い店舗
水金地火木土天冥海(表参道) ※営業開始日は1月4日(月)
H.P.DECO 丸の内 
H.P.DECO アート感のある暮らし(渋谷)
H.P.DECO好奇心の小部屋(福岡)
H.P.FRANCEアート感のある暮らし(阪急うめだ本店6F)
オンラインショップ


【 水金の文庫革 】



文庫革とは古くから姫路で親しまれてきた皮革伝統工芸品。元は室町時代より発祥しています。
真っ白になめした牛革に型押しをし、一筆一筆彩色を施した後、真菰(まこも)という植物の粉をふりかけ古びをつけています。仕上げに漆で艶を出し完成するという、一点一点職人の手作業によって生まれる貴重なアイテムです。

▶︎水金の文庫革のインスタグラムはこちらから


▶︎ 文庫革の種類 を見る

▶︎ 水金の文庫革が出来るまで を見る

▶︎ Nathalie Lété × 文庫革 第二弾 を見る