ROSA MARIA


handmade jewelry from Lebanon



特徴的なシルエットのジュエリーを創り出すレバノンのデザイナー
Rosa Maria (ロザ・マリア)。

シルバーやゴールド、ダイヤモンドなどの宝石を自由に組み合わせ
一見不完全なようで絶妙な調和を生み出しています。
自然の彫刻を彷彿させるデザインは
ひとつひとつが物語を語りだすかのよう。
ドラマティックなジュエリーは
わたしたちの心を捉える魅力を放ちます。




ROSA MARIAの歴史は1998年にデザイナーがファッションからジュエリーに転向したことから始まった。
母国レバノンが政治的な不安に苦しんだことを受け、自分の仕事を個人的でありながら国家的な癒しの過程であると考えている。その型にはまらないデザインで伝統的なジュエリー・ハウスからの抵抗を受けることもあったものの、自身のビジョンを守り続け独自の洗練されたコレクションを作り続けている。



レバノンの首都ベイルートに3人の姉妹とともにスタジオを構え、イスラム教徒とクリスチャンの職人を抱えていることを誇りに思っているRosa Maria。レバノンという土地の特性と歴史にデザイナーの感性が組み合わされ、アバンギャルドな造形に昇華された作品たちは、すべてハンドメイドのために生産量は非常に少なく、貴重なコレクションとして世界中で愛されている。




-COORDINATE-





それぞれが強い個性を放つ ROSA MARIA のジュエリー。1点でも存在感は十分ながら、いくつかを重ねることで更なる表情が加わり、ストーリーを増幅させていく。