"もしも子供たちが遊ぶように服を作ったら"
そんな発想からはじまった。

ねじれたパンツ、反対に取り付けられた肩パッド、裏表ひっくり返った生地、
まるで縫製ミスのような、またや子供たちが自由に作ったようなディテールたち。

草木染や、自然から産まれ土に還るキュプラ素材をメインに使用したりと、
生き物の息を感じさせるコレクションとなった。

動物的でまた無邪気な審美眼という発想から生まれた、
クリエイションの詰まった2020SS






草木由来の染料を使用したワンピース
肩パッドが逆さについています


草木由来の染料を使用したシャツ
フロントのデザインが特徴的


違和感と、シルエットの美しさが特徴的
ウェストが捻じれたパンツ




変形ベストは、お好みの着方を見つけてください


ヒビ加工が施された、柔らかなシャツ



裏地が表に使用されたゴブランスカート


Unique Pieces

- WALL限定、一点もののアイテムたち -



- tops -

ゆがんだロゴ刺繍で縫われた生地が特徴的
今までのコレクションで使用した生地たちを使用
- one-piece -

2枚のusedTシャツをドッキングした上から、usedの生地を重ねて
スリッドが深く、レイヤードしやすいアイテム




デザイナーは半澤慶樹。1992年福島県生まれ。
文化服装学院卒業ののち、ここのがっこうに入学。
2016年、17SSよりブランドPERMINUTE(パーミニット)をスタートさせた。

「カッティングとテキスタイルの双方からユニークな実験を通して、
これまでにない新しいファッション性を提案する。」
をコンセプトに、生命と衣服の新しいかたちを創造する。