対談 WOUTERS&HENDRIX 35年の軌跡


2019年、ベルギー出身のジュエリーデュオ、WOUTERS&HENDRIX(ウッターズ・アンド・ヘンドリックス)はデビューから35周年を迎えた。そして、アントワープのDIVAダイヤモンド博物館と、2020年2月に開催されたクリエイションの祭典「rooms(ルームス)」にて特別企画展を開催した。rooms開催に合わせ12年ぶりに来日したデザイナーのカトリン・ウッターとカレン・ヘンドリックスが、同ブランドのコレクターである記憶 H.P.FRANCEの古田絵里と対談を行った。

2020年2月rooms会場にて 左からカトリン・ウッター、カレン・ヘンドリックス、古田絵里(記憶 H.P.FRANCE)

35年絶えず続いてきた創作活動


古田 この度は、来日してくださり有り難うございます。そして、ブランド誕生から35周年おめでとうございます。WOUTERS&HENDRIXのアイコン的なコレクションに「節目」を意味するチャプターズリングがありますが、この35年間を振り返って、節目だと感じる瞬間はありますか?

カトリン 年に二回、毎シーズンコレクションを出し続けていると、やはり自分達にとって他のシーズンよりも思い入れや印象が深く、インパクトの強いコレクションがいくつか存在します。

カレン クリエイションだけでなく、例えば、私達がアントワープに第一号店を出した時(2001年)も、重要な軌跡であり、一つの節目だと感じますね。

カトリン 特に、デビューして間もない1994年に発表した“Marie D'Anniell”はとても重要なコレクションでした。シーズン毎にインスピレーション源がありますが、この時は、幼い頃に祖母の家で見つけた箱がテーマでした。その箱には小さな鍵や取れてしまったボタンなどガラクタが沢山入っていて、ある時中身を全部出して並べて見ると、そこに祖母の人生が全て繋がって見えることに気づきました。そんな発想で作ったのが、この“Marie D'Anniell”です。ヨーロッパ中でアンティークのパーツを買い集め、一つ一つが違うヒストリーを語ることを表現しました。
展示会で発表した時は、「わっ!素敵」と感動されるか、「よくもこんなガラクタを集めた」と批判されるか、反応も二極化しましたね。色々な意味で思い入れのあるコレクションです。異なるパーツを集めた時、私達も予期せぬ形でまた新たなヒストリーを語るという手法を初めて具現化し、その後の作風にも大きな影響を与えました。

古田 二人の35年間も、毎シーズンのコレクションがあって、その歴史を生み出しているのですね。
カトリン 35年で70コレクションを制作してきたことになりますが、次はさらにもっと理想のビジューを生み出せるようにと、毎シーズン新たな挑戦を試みて、異なるヒストリーを語ってきたつもりです。

古田 制作意欲が湧かなくなったことはありますか?

カレン 全くありませんね。私達の中にはいつも、「作る喜び」が絶え間なく続いてきました。
毎シーズン、コレクションを作り終わって家に帰ると、とても満足したと夫に話しますが、二ヶ月も経つと「次はどういう形にしようかな」とまた違うものを作りたい欲求が溢れ出てきます。

古田 私も、二人のクリエイションに対する探究心が冷めないからこそ、WOUTERS&HENDRIXのコレクターとして蒐集することを止められないのだと思います。二人が先に先に行ってくれるからこそ、私はそれを追いかけていけるのです。

カレン 毎回、絵里(古田)のWOUTERS&HENDRIXコレクションについて話を聞くのをとても楽しみにしています。絵里の存在が、私達にとってもまた良いコレクションを作らなければという刺激になっていますよ。

古田 ありがとうございます!

roomsで展示された、1998年から続く古田のWOUTERS&HENDRIXコレクション


批判も受け入れる二人の関係性


古田 二人は、常に作品のことを考えているのですか?

カレン 頭の片隅には存在しているけれど、常に考えているわけではないと思う。でも、別の作業をしていても、それが結果的に次のコレクション制作に繋がったり、美術館に行った体験がインスピレーション源になったり、最後は作品づくりに帰着していきます。

カトリン 間口は広く、色々なものに関心を持ちたい。アーティスティックなものであれば何であれインスピレーション源になり得るのです。

古田 蚤の市が好きで、骨董品を探しに行くそうですね。

カレン 私達は美術館も一緒に行きますが、どこを歩いていても同じものに目を惹かれるから、好きなことが同じなのだと気づきます。性格は対照的で、一人が騒がしいともう一人は静かになる。その逆も然りで、エネルギーバランスが絶妙なのです。

カトリンとカレンが蚤の市で見つけてきたお気に入りの作品が並ぶアートボード

古田 アントワープ王立芸術学院の学生だった頃から、好きなものが共通していたのでしょうか?

カトリン 私達はお互いの作品を評価し合ってきました。カレンが作るものが素晴らしいと思ったし、カレンも私の作品をリスペクトしてくれた。お互いのクリエイションを通じて親しくなりました。

カレン 一緒に過ごす時間が増えるほどリスペクトは強まり、お互いの人となりを知ることで距離が近くなっていきましたね。
友達同士の関係性だと批判を受け入れない場合もあるけれど、私達はお互いのクリエイションを評価した上で、批判も受け止めてきた。自分の作品について、カトリンからの指摘で気づくこともあるし、共に切磋琢磨することで成長してきたと思います。

古田 本当に素敵な関係性ですね。私にもH.P.FRANCEの中に20年近く一緒に働いてきた仲間たちがいます。これからもっと共に成長していくためには、二人のように言うべき時に言うことも大切なのだと感じました。

カトリン 友情はとても大切ですが、成長するためには批判を受け入れ、言うべきことを言うこと。それも人生において美しい出来事の一つですね。


互いをリスペクトするチームの存在


古田 創立から今まで、WOUTERS&HENDRIXのチームはどんどん大きくなっていますが、二人だけではなくチームで動く時に大切にしていることはありますか?

カレン 自分の仕事の裏側にあるチームの存在はとても重要で、彼女たちがいなければ成長できなかったと思います。もちろん自分に合ったチームであることも大切です。

古田 一度アントワープのアトリエを見学させていただいた時、その強いチームワークの雰囲気を感じ、思わず私もその輪の中に入りたくなりました。

WOUTERS&HENDRIX社のスタッフとその子供たちによる集合写真

カレン 若い時に入社したスタッフもいますが、お互い子供が生まれ、その子供たちが成長する様子を一緒に見守ることができるのは、素敵な関係性だと思います。

古田 何をしている瞬間が、一番心が休まりますか?

カトリン 犬と一緒に自然の中を散歩しながら、四季の移り変わりを感じる瞬間。そして、食事を用意して子供達や大切な仲間を自宅に招き分かち合う瞬間は、シンプルに幸せを感じます。日常生活が忙しいからこそ、料理している時間自体がリラックスできますね。

カレン 私も同じことを思っていたけれど、カトリーヌに言われてしまいました(笑)。私達が一緒にいると、いつもお互い週末は何を食べるかとか、犬の話ばかりしています。

古田 それぞれお互いの異なる人生がある中で、35年間波長を合わせてずっと創作活動を続けていることが素晴らしいと思います。

カレン まずは、お互いへのリスペクトがあること、そして、お互いのプライベートを優先するよう約束をしました。実際には二人とも仕事が大好きで、忙しい時は、なかなかそうはいきませんが(笑)。プライベートが充実しているからこそ、仕事もはかどると思います。
意図した訳ではないけれど、WOUTERS&HENDRIXは気付いたら女性だけの会社になりました。だからすごく柔軟で、女性が女性を思いやる環境が整っています。お互い融通を効かせて助け合うことで、ここまで大きく成長できました。

古田 ブランドロゴのビーナスのパワーは、その強さに繋がったのかもしれませんね。クリエイションやプライベートのお話も聞けて、より一層ファンになりました!有り難うございました。


WOUTERS&HENDRIX ブランドプロフィール

デザイナーはベルギー出身のカトリン・ウッターとカレン・ヘンドリックス。
アントワープのロイヤルアカデミー・オブ・ファインアーツ彫金科を共に卒業し、翌1985年にWOUTERS&HENDRIXとして初めてのコレクションを発表する。半貴石やスターリングシルバーの性質を活かした、クチュール的でありながら独特のユーモアを持ち合せた大胆な作品を特徴とし、そのゆるぎない技術で作品を生み出し続けている。こうして誕生したジュエリーは、華やかでありながら慎ましやかでもあり、まるで光と影とを繋ぐダイアローグのよう。

 


取り扱い店舗