Nathalie Lété(ナタリー・レテ)


ARTIST

私が住んでいるのはパリ市内のすぐ隣、イヴリー・シュル・セーヌという郊外の街。ロフトに改造した昔のメタル工場を20年以上生活と仕事の拠点にしています。静かで緑が多く快適な環境で、広いスペースが確保出来る場所。私たちの家族の生活にとってこれは大切なことで、生活と仕事を同じ場所で出来ることにより通勤などで時間を無駄にすることもないですし、子供たちの成長を庭で見守りながら仕事をすることも可能です。娘のAngeleは、数ヶ月前から私のアシスタントになってくれていて、とても才能があり、一緒に楽しんで仕事をしています。息子のOskarは思春期の頃は大変でしたが、今ではアートを学びながらすっかり落ち着いて、彼の愛嬌が私たち家族を幸せにしてくれます。夫と私は今でもとても愛し合っています。

人生の中で困難な時期は誰にでもありますが、感じたことを率直に話し表現することが大切で、それによって状況が良くなっていくのだと思っています。

バカンスは南仏のドロームにある義理の両親の家や、ブルターニュの海沿いの家で過ごします。また海外旅行も好きで、とりわけインドは異国情緒に溢れ新鮮な驚きに満ちています。
最近、週末ごとに少しずつ田舎にある私の家の壁に花を描いています。昔から家全体をペイントしたいと夢見ていました。まだこの計画に1歩踏み出したばかり、とてもワクワクしています!!先月は、ニューヨークのグッゲンハイム美術館でHilma Af Klintの素晴らしいエキスポジションを見てその色彩に感銘を受けました。またポーランドのザリピエという村からもインスパイアされました。そこでは女性が自分たちの家の壁をペイントしているのです。今年は是非この村を訪れたいと思っています。



私のデッサンは、現在ではモードやデコレーション以外でも、あらゆるジャンルのブランドとのコラボレーションにより、世界中で使用されています。よく私の作品が人々をハッピーにすると言われるのですが、自分の喜びのために描いたものが、同時に見る人も幸せな気持ちを感じてくれていることは、私自身にとってもこの上ない幸せだと感じています。



-PROFILE-


Nathalie Lété(ナタリー・レテ)

1964年生まれ。パリの美術学校でファッションデザインやリトグラフィーを学ぶ。絵本やセラミック、テキスタイル、リトグラフなど、様々な作品を手掛け、日本でも雑貨のコレクションを展開。子供のころの思い出や毎日の暮らしの中からインスピレーションを得るというカラフルな作品は、ユーモラスでハッピー、そしてどことなくシニカル。
 


代表取り扱い店舗
Lamp harajuku
Usagi pour toi H.P.FRANCE各店