OUTER  2020AW

秋冬シーズン、これからの季節に必要なアウターやコート。
トレンドのエコファー素材や秋冬に持っておきたいチェック柄、女性らしさを感じるシルエット、防寒対策などH.P.FRANCEで取扱うデザインは多種多様。  
各ブランドやSHOPのこだわりの一着をみつけて冬のおしゃれを楽しんで。






ブランドが得意とする異素材の組み合わせとD-due2020秋冬コレクションのアイコンであるオオカミのワッペンが魅力のコート。テーマである巡礼の旅のアウトドア要素を取り入れながらも都会的なハンサムさも持ち合わせたデザインに仕上がっています。
もっちりと柔らかく、とびきり暖かな最高級カシミアで仕立てた贅沢なニットコート。洗練されたデザインのみならず、着心地の良さはもちろんの事。まるで身体の一部のように柔らかなフィット感がストレスフリーな冬を叶えてくれます。>>このコートを見る<<

【oyuna】
モンゴル生まれのデザイナー、オユーナ・セレンドルジュの手によって生み出されるコレクション。最高級のモンゴルカシミアを使用したニットやショールは驚くほど軽く、羽のよう。ずっと触れていたくなる柔らかさ。シンプルで洗練されたデザインが質の良さを際立たせます。
MA-1とトレンチコートをドッキングさせたデザイン性のあるアイテム。 
カラーコンビネーションや切り替えしのディテールで魅せる、 
アウターに留まらない存在感。 
内側には中綿が入っており、防寒性にもすぐれています。

【UMAMIISM】(ウマミイズム)
若者から注目を集める、上海を拠点に活動するブランド。
独自の世界観に、エッジの効いたアイテム。 
新しいファッション世代の風を感じるブランドです。
オーバーサイズのジャケット。
ウールのメルトンにファー、後ろはダウンパック仕様。
前の裏地はキルティング加工が入っており、
可愛いだけじゃない、保温性にも優れたアウター。

【NON TOKYO】(ノントーキョー)
デザイナーは元「banal chic bizarre」の市毛綾乃。
2014年春夏COLLECTIONより、NON TOKYOをスタート。
「IN TOKYO」をテーマに大 人の女性の為のストリートウェアを展開。
リアルファーのような滑らかな毛質でリッチ感のあるフェイクファーコート。
今季注目のペイズリー柄がヴィンテージ感を漂わせます。
肩落ちのシルエットがルーズでこなれ感のあるスタイリングに。
幅広いコーディネートに取り入れやすいショート丈のボックスシルエットも嬉しいポイント。

【jakke】(ジャッキー)
ロンドンを拠点とし、2015年にデビューしたアウターブランド。
ブランドコンセプトである「動物保護」をモットーに、
エコファーを採用したポップなアイテムを提案。






秋冬のファッションにはかかせない「ニット」。
着回し自由に楽しめるニットを今回H.P.FRANCEの個性豊かなSHOPやブランドから、おすすめや一押しをご紹介いたします。
>>ニット特集も見る<<