2018AW COLLECTION  「ASAP」


as sustainable as possible をテーマに掲げ、


ブラジルのサスティナブルファッションの発展における先駆者的な役割であるブランドであることを再確認し、


同時に E-Institute の重要性もメッセージとして込められたコレクション。



 


institute-e


earth / environment / energy / education / empowerment / economics


この6つのeをコンセプトに環境活動を行なう非営利組織institute-eは、


OSKLENクリエイティブディレクターOskar Metsavahtにより設立。


ファッションを通して自然保護やサスティナブルな生活を伝える”E-brigade(イーブリゲード)ライン”は、


廃棄されるものや再生可能な素材=e-fabricsを使用している。


e-fabricsによる収益はビーチや公園などの様々な保全活動に役立てられている。



PETボトルリサイクルの際に抽出したポリエステルファイバーを使用した商品。PETボトルリサイクルによって抽出されたポリエステルを使う事で、今までに比べエネルギーを76%、CO2の排出量71%削減することが可能になります。現在ブラジルでは年間60億のPETボトルが捨てられています。それを分解させるには300年かかります。こうしたPETボトルをリサイクルすることで地球温暖化を緩和し、それが地球の美化に繋がります。また、生活全体の品位が上がり、多くの人の生活の質が向上します。


サーモンは主に食用として用いられ、その他の副産物としては、内蔵を動物の肥料として使います。通常皮は使用されずに捨てられますが、 廃棄による水質汚染が問題になっています。サーモンレザーを使用した商品はクロム塩酸など非常に有害な科学成分は使わず、自然由来の成分をつかって染色しています。


ピラルクーは主に食用として用いられ、 通常皮は使用されずに捨てられていますが、 廃棄による水質汚染が問題になっています。ピラルクーの捕獲は強引な方法ではなく、 環境に配慮し慎重に行っています。ピラルクーレザーを使用した商品はクロム塩酸など非常に有害な科学成分は使わず、 自然由来の成分をつかって染色しています。