Loading...


-わたしのアート感のある暮らし-


 
アッシュペーブチック ショップスタッフ
Kishida

 

 
自宅にこもりがちな日々が続くときだからこそ、お気に入りのアートや、自分の好きな花を飾って、おうち時間を少しでも楽しく、心も体も穏やかに過ごせますように。家で心地よく過ごすために大切にしていること、とっておきのリラックス法、家にいながらアウトドア気分を味わうヒントなどH.P.FRANCEスタッフのおうち時間を、スタッフ自身が撮影した写真とともにご紹介します。
 

 
 
 
 
 

Q:おうちのインテリアのテーマを教えてください。


A:「"居心地の良い家"です」


 

 
「厳選したお気に入りのものを置いてリラックスして過ごせることをコンセプトにしています。家族から受け継いだものと、H.P.FRANCEで出会ったものとをミックスさせて楽しんでいます」
べロックのブレンドティーは気分や季節で茶葉を選んでいます。今の季節は[No.44 BELLOCQ CHRISTMAS]をチャイにして飲むのがお気に入りです。」
 
 


 
 

 
「休みの日は、和室をリフォームした部屋で大きなりクッションにもたれて本を読むことが多いです。」
 
 

 
ラ・スフルリーの石膏のランプは静謐な空気が漂い、和室にも調和します」
「アッシュペーブチックのファッションアドバイザーでもあるマルト・デムランが神戸に来日した時にオーダーをした糸とウッドのシェードランプ。にぴったりでカラフルな糸を通して漏れる光の束にいつも癒されています。」
 
 


 
 

 
「キッチンにはナタリー・レテの肉人形とジョン・デリアンのカトラリープレートを。物語のある組み合わせとくすっとついつい笑ってしまうシニカルな世界が気に入っています。」
 
 

 
「クリスマスシーズンにはアスティエ・ド・ヴィラットのデザイナーが世界中から集めてきたオーナメントを飾りました。ジョン・デリアンのプレートやBazar et Garde-Mangerで買ったスノードーム、ヒューゴギネスのアートなど、とにかく気がつけば生き物モチーフが集まってしまいました。」
 
 


 
 

Q:おうち時間はどのように過ごしていますか?


A:「大好きなアートと共に始まる一日を楽しんでいます」


 

 
「朝は必ずエディ・ドゥビアンのアートから始まります。リビングの扉を開けてすぐ目に入るアートはいつも心の窓になってくれています。」
 
 


「1番最初に出会ったエディ・ドゥビアンのアート。動物好きの心をくすぐる動き出しそうな両足がとても気に入っています。もう1枚の窓と言われるアートですが、私にとってのアートは心の窓です。どんな時も寄り添ってくれる絵と一緒に暮らす幸せを感じています。」
 
 
 


 
 
 

Q:おうち時間でこれからやってみたいことはありますか?


A:「文章を書くことが好きなので、神戸についていろいろと書いてみたいです」

 
 


 
 
アッシュペーブチック
住所:〒650-0024
兵庫県神戸市中央区海岸通 3-1-5 海岸ビルヂング 1F
電話番号:078-332-2327
営業時間:11:00〜19:00
定休日:水曜
Blog
//www.instagram.com/boutique_kobe">Instagram