MY IOSSELLIANI


アッシュ・ぺー・フランスのスタッフがお送りする『永遠の名品』を擁するIOSSELLIANIへの想い。
世代やファッションスタイルの異なるスタッフそれぞれのリアルクローズを、
インタビューを交えてご紹介します。


vol.3 GOLD!GOLD!GOLD!


CASE:shop staff(destination Tokyo)

Q1:IOSSELLIANIとの出会いは?



私がIOSSELLIANIと初めて出会ったのは、数年前Usagi pour toi福岡店からdestination Tokyoへと異動した頃でした。

私は飽き性ですが、IOSSELLIANIのリングは無数のコーディネートで身に着けられるので、毎日のコーディネートに合わせた着け方を気分次第でその日に決めるのが楽しくて、飽きずにずっと着けています。
手元のコーディネートを考えること自体が、日々のちょっとしたルーティンになっている・・・かも知れません。

Q2:FIRST IOSSELLIANIと、その愛用歴は?



5連のリング”EVA"です。カラーはGOLD。
代表作として一番人気のある8連リング”ALBA”のSILVERと迷っていましたが、GOLD × ジルコニアの女性らしさが決め手でこれを選びました。

【Eva】
パズルのピースをイメージしデザインされた5連リングの中に、3本だけジルコニアリングをプラスしたスタックリング。
ビジューの輝きが互い違いに見え隠れし、インパクトとエレガントが絶妙に重なり合う。

Q3:コーディネートのポイントは?



GOLDが全体の印象を華やかにしてくれるので、リングをはじめバングル、ネックレスもGOLDで統一させたコーディネートをすることが多いです。

リングはボリュームが偏らないようバランスを考え、人差し指と中指、薬指に着けました。
“Drop”のネックレスは無地の服にも柄の服にも馴染みがよいので重宝しています。

今日はお気に入りのperoのワンピースがふんわりとして甘めなので、IOSSELLIANIで引き締めています。

Q4:次に狙っているNEXT IOSSELLIANIは?



次はピアスを購入しようと思っています。
”CATENA”のピアスを、カラーはもちろんGOLDで。
他のGOLDアクセサリーと合わせても良さそうだし、敢えてピアスだけ!の日にも活躍してくれそう。

STAY HOME、STAY GOLD。

IOSSELLIANI(イオッセリアーニ)





デザイナーはイタリア人のロベルタ・パオルッチとパオロ・ジャコメッリの男女2人組。イタリアの金細工技法を受け継ぎ、伝統的アイコンと、時代性を汲み取った独自のスタイルを融合させたコンテンポラリージュエリーを発表。重厚かつ洗練されたコレクションで世界のジュエリーファンを魅了している。