MUHLBAUER


SPRING SUMMER 2019
-SWEAT-

「日常的に身に付けられる帽子」をコンセプトにマーケットリサーチを繰り返し、時代を捉えたクリエーションでコレクションを完成させるMUHLBAUER(ミュール・バウワー)。
2019年春夏コレクションのテーマは【SWEAT -汗-】。ハードワークで流す大量の汗。素手や体を動かし働く人が被る帽子がきっかけとなった、今シーズンのコレクション。日差し、埃、雨風から身を守り、一所懸命に働いた跡をしっかりと残してくれるもの。帽子には頭を保護するものが付いていたり、反射バンドが巻きつけられていたりする。時にはぐしゃっと押しつぶされ、汚れ、ぼろぼろになっていく帽子たち。いくつかの帽子に見られる、穂のモチーフはハードワークのシンボル。シグナルカラーのオレンジ色でスプレーやペイントされた帽子。青い襟の労働者を表すブルーは、様々なインディゴの色調で登場。











Designer
Klaus Mühlbauer
クラウス・ミュールバウアー


創業1903年の老舗帽子店Mühlbauerの4代目として、2001年クリエイティブディレクターに就任。先代同様に帽子職人としての技術を習得。一度は家業を離れるも、技術と伝統の継承を図るべく、本格的に家業を引き継ぐ。彼の生み出すハットコレクションは、確かな技術を背景に、柔軟な発想で素材とデザインに新たな要素を吹き込み、伝統とモードを見事に融合させた。セレクトショップ”MODE MUHLBAUER”のディレクションも行い、ウィーンモードをリードする一人として多方面に活躍している。


代表取り扱い店舗
goldie H.P.FRANCE各店
Theatre H.P.FRANCE各店