Bon Appetit!
マルトの食卓2


 
Bazar = あらゆるものが溢れる雑貨屋、Garde-Manger = 冷蔵庫がなかった時代の、食べ物を保存しておくための貯蔵庫、過ぎ去っていく時間の中で、一生とっておきたくなるようなもの、そして不思議なオブジェを集めた空間を提案する店、Bazar et Garde-Manger(バザー・エ・ガルド-モンジェ)のバイヤーのマルト・デムランが、色合わせのルールや固定観念にとらわれず、自分自身も空間も好きなようにデコレーションし、楽しく暮らすことが人生の喜びのひとつであることを伝えます。

今回、コーディネートにメインで使用した陶器は、フランスの陶器作家ヴィンセント・ヴェルデによる1点もののセラミックアートです。マルトもお気にりの作家で,彼女の食卓風景に度々登場する器です。また、テーブルクロスやランチョンマットとして使用しているのは、モロッコに住むフランス人男性二人によるレオ・アトランテのもの。彼らはヨーロッパのファブリックを使って,モロッコの伝統工芸刺繍を施しています。フランスの上質でハイセンスな色合いとモロッコのエスニックな手刺繍が融合したクロスです。

マルトがセレクトするとっておきの個性豊かなアイテムで、テーブルセッティングをお楽しみください。

 

 
 
 
 

TABLE3




「空間づくりにおいて、まず第一に色づかいが重要です。色、それは私の生活にいつも活気を与えてくれました。驚異的で限りないインスピレーションの源。色使いに決まりきったルールなんてありません。必ずしも統一する必要はなく、1色以上使ってもよいのです。色で遊ぶ楽しさを感じてください。」
 
 
 
 

TABLE4




「たくさんの可能性と素晴らしいコンビネーションが生まれるミックススタイルは本当に刺激的。パッチワーク、フラワープリント、ドット、ボーダー、ジオメトリックパターン、チェック、タータンチェック、具象画・・・異なる柄と柄を組み合わせてパッチワークのように楽しむのが私は大好き。」というマルト。食卓に色彩や独自のプリント(アート)を加える事で食事の時間を鮮やかに彩り、幸せに美味しく味わいましょう。
 
 
 
 

OTHER




バイヤー,マルト・デムランがフランスで見つけてきたアフリカンな柄の布地のエプロンと、上質なフランスリネンを使用したナプキンやバッグ。カラフルなエプロンは、二枚仕立てなのでお料理以外にもガーデニングやDIY,いろんな場面で活躍しそうです。リネンのシリーズは、生地に洗いをかけた風合いの良いウォッシュリネンに,古い写真を転写しているヴィンテージ感ある一品。どちらも男女兼用でお使いいただけるサイズとデザインですので、プレゼントにもおすすめです。