"Every object is alive"
-クリエーターの想いや共感がモノに宿る-

ずっと使えるもの、ずっと使いたいと思えるものと出逢った時の喜び。
そういったモノとの出逢いは、まるで「恋」のようで、心がざわめきたつような、特別な感情が湧いてくる。
そのモノを自分の家に取り込むことは、月日を経て、まるで人生をともに歩む家族のような存在となり、
日常や特別な節目にそっと寄り添い、時を刻み続けてゆく。

H.P.FRANCEが贈る“LOVE&GIFT 2019” は、
クリエーターの想いや共感が宿る“モノ” にフォーカスし、出逢いをみなさまへお届けします。

H.P.FRANCE LOVE&GIFT 2019
Vol.04: 時を越えてジュエリーに恋する


恋をして、ずっと一緒に時を刻みたいジュエリー。パール、ダイヤモンド、18Kゴールド、天然石...4つの素材との付き合い方やコーディネートへの取り入れ方をご紹介します。
ホリデーシーズンに、大切な人へのギフトや自分へのご褒美としていかがでしょうか?


ダイヤモンド

私にとって、アクセサリーやジュエリーは2つの性質を持ちます。洋服を着替えるように、その時々の気分で付け替えて、シーズン毎のコーディネートをブラッシュアップさせてくれるもの。そしてもう一つは、常に傍らで励まし、輝きをもたらしてくれる相棒。
ダイヤモンドは私のメンターともいえる存在です。この美しい輝きで、常に私を鼓舞し、何か荘厳な力で見守られている気がする。そんなダイヤモンドを肌身離さず身につけています。特にred lineのdoubleブレスレットとSweet Peaのシンプルなネックレスは、私の10数年の時を共にしている大切な相棒です。
H.P.FRANCE PR 江間亮子


パール

人生で一番最初のパールはが20歳のときに祖母が贈ってくれたネックレスとピアス。日本ではフォーマルで冠婚葬祭のイメージが強いですが、あるクリスマスの日にデニムと真っ赤なモヘヤのニットに合わせてクラシックなパールを着けた女性を接客して以来、改めてかわいいな、と日常のコーディネートにふんだんに取り入れるようになりました。パールの白さが肌にやさしく映し出されて、女性を魅力的に見せる宝石だと思います。
Sweet Peaの今期のノエルコレクションは“Precious Pearlー大切なパール”という名前。卵のようなぷっくりしたパールと、繊細なゴールドチェーンとの対比がとてもかわいいデザイン。ネックレス、ピアスと一緒につけても、too muchにならないのもパールの不思議なところ。普遍的なパールをSweet Peaらしくフェミニンで愛嬌のあるデザインに昇華させてくれていて、ホリデイギフトにもお勧めです。
H.P.FRANCE BIJOUX ディレクター 國吉祐子


18K ゴールド

金の良さとは、コーディネートが洗練されるだけでなく、一生ものであること。高級感ある素材を身につけていると、自然とエレガントなムードが滲み出てくるものです。
金には様々な種類や色味があり、マットな質感やピンク、イエローなど色とのバランス、ゴールドとシルバーの調和やコントラストで楽しみます。ネックレスの場合はとくに、ニット、麻などの天然素材のお洋服を着る時はアーティーで大振りなデザインを、フィットしたトップスや白シャツにはhirondelle et pépinSweet Peaなど華奢なデザインを合わせます。細い鎖の光り方が素敵だから。SERGE THORAVALのバングルやLIA DI GREGORIOのタッチリングは30年ほど愛用していますが、どんなシーンでも活躍し、コーディネートのポイントにもなります。
H.P.FRANCEのジュエリーの魅力は、クリエイティブなものが金でできている、そのプラスの良さ。身につけていると自信が持てるジュエリーです。
Halo H.P.FRANCE BIJOUX 村松恭子


天然石

地球の底からこんなにも美しい天然石が生み出させる神秘にいつも感謝しています。指輪は重ね付けしてもハレーションを起こさないよう、コーディネートする際色合いに統一感を出すようにしています。
右手はJaipur Jewelryよりダイヤモンドのマハラジャリング x K22の2リング x スターローズクォーツで色味は抑えて。石の放つ輝きや浮かび上がるスター、そしてバングルとスイングする指輪の動きを愉しみます。左手はパライバトルマリンのマハラジャリング x ホワイトのエナメルリングで抜け感を出して。手首にはルビーとエメラルドのブレスでマハラジャ気分。カラーを楽しみパワーをもらいます。
首元には5色のサファイアが1つに輝く新作の星のネックレスを。WOUTERS&HENDRIXのエメラルドネックレスと重ね付けしてみました。
水金地火木土天冥海 ディレクター 土村真美




- SHOP INFORMATION -