LORINA


by Lorina Balteanu



タティングレースの技術を使用してエレガントなジュエリーを作り出している Lorina(ロリーナ)。
シャトルと呼ばれる舟形の小さな糸巻きと指を使って、結び目からできたリングとチェーンを織り交ぜて形を作るタティングレースは、18世紀のヨーロッパ王宮にて女性達を夢中にした伝統的な技法。Lorinaは、ガラスパールや半貴石をレースに織り込むというアイディアと共に、更なる高い技術をもって新しいラグジュアリー感を与え、ジュエリーに変換している。
全てデザイナーのアトリエにて、後世にこの技術を継承していく職人の手作業によって制作されている。


Designer
Lorina Balteanu


自由で旧習を打破する精神をもつデザイナーであるLorina Balteanuは、Gorki Instituteの研修員、詩人、ジャーナリスト、彼女の母国であるモルドヴァの経済と社会的発展を支援する財団のトップなど、様々な顔を持っている。2006年にタティングレースの技術を習得。自身の感性に社会的コミットメント要素が融合された作品を発表するため、ジュエリーブランドを立ち上げた。2016年春には彼女の名前を冠したブティックをパリに2軒オープンしている。