todo
kotohayokozawaのラインの一つ、"todo"
ファッション業界の既存の作り方、
売り方にとらわれず、即興性を
重視した実験的なものづくりを目指す。
一点もののプリーツトップスや
シワ加工を施したトップスのラインナップ。


20A/W collection
今回はブランドのシグネチャーでもある
伸縮性のあるリブニットや細かな
プリーツを施したカットソーのアイテム。
メロウロックのみを使用した、
曲線だけの縫製方法に、カットオフした
布を垂らしたようなデザインは
ボディラインをパーツごと見え隠れさせ
タイトになりすぎず着る人の体に
程よくフィットするシルエットを作り出す。

L O O K









I T E M S


※一部アイテム、10月中旬掲載予定


WALL限定のボーダーニット。
"どこか懐かしく、古着で見つけたマルチカラーを
連想させる配色にしました"



brand : kotohayokozawa

2015年3月ファーストコレクションを発表
「何でもない日々に
収まりきれない気持ちを着る」
というコンセプトを掲げ、
感情と装いの密接な関係を探る。
2018年より即興性を重視したカットソーや
ニットを中心としたライン「todo」
を立ち上げ、同年19SSコレクションより
再利用品のみを使用したライン
「somebody」も展開している。




brand : 横澤 琴葉(よこざわ ことは)

1991年愛知県生まれ
名古屋市内のファッション専攻の高校
を卒業後エスモード東京校に通う。
その後アパレル企業にてデザイナーとし
勤務し、ここのがっこうに通う。
退職後、再びエスモードAMIに通い
2015年3月、kotohayokozawaをスタート。
2018年度Tokyo新人デザイナーファッション大賞に選出。
同年10月にAMAZON FASHION WEEK TOKYOにて初のショーを開催。
2020年に毎日ファッション大賞「新人賞・資生堂奨励賞」を受賞。