JOHN DERIAN 美しくも奇妙な世界



NYを拠点とするアーティストのジョン・デリアン。2016年8月に発刊された、『JOHN DERIAN PICTURE BOOK』は、これまで彼が蒐集してきた、創作の原点となった数多ある古紙の中から、作品の代名詞とも呼べるモチーフをまとめています。
300を超えるモチーフを眺める中で、読者はジョン・デリアンの創造と驚きの軌跡を辿ることができます。総数368ページの書籍の内には、350ものイメージが綴じられています。アンティークの古いカラーチャート、ビクトリアン期の影絵、美しい筆跡による書跡、そしてジョン・デリアンの代名詞ともいえる目のモチーフなど。“美しく、奇妙で、静かでいて、謎めいている。”ページを捲るごとに、著者がフリーマーケットで見つけた古びた箱の中の驚きや興味を、同じように読者の方々にも感じていただけるでしょう。






30年以上にわたり、手彩色の印刷物類の蒐集、そしてデコパージュの制作に駆り立てられたジョン・デリアンにいくつかたずねました。


Q 作品制作において、欠かすことのできないエッセンスとはなんですか?

ジョン・デリアン 自然と、自然が生み出すものに最も影響を受けています。いつでもナチュラルなものに囲まれていることが、私にとって最も大切なことです。私の作品にも、お店にも、私の自宅にも、花々や植物は必須なもの。自然んは、静かさと、感性のバランス感覚を保つ助けとなってくれます。他に影響を受けているものといえば、若い頃、逃避行をするようによく観ていた30〜40年代の映画からも、インテリア、ライティング、それにデザインについて多くを学びました。


Q あなたは自分自身をどのように見ていますか? アーティスト、デザイナー、それとも目利き? 更に書籍の著書でもありますね。

ジョン・デリアン 私自身、普段は自分をデザイナーでショップ・オーナーだと考えていますが、実際はそれら全てが私の側面なのだと思います。思い返せば、若い頃から3つのことを常にかけ持つ習慣がありましたし、今は大体7つの仕事をこなしています。その全てが自分で、とても大切に思っています。
何かに携わっているのが好きで、お店に寄ってはディスプレイをいじったり、お客様と会話をしたり、スタジオでデザインに没頭したり、私のチームと常に話をしたり・・・今回の書籍の発刊は素晴らしいプロジェクトでした。出来上がりにも満足しています。


Q その書籍「JOHN DERIAN PICTURE BOOK」について教えてください。

ジョン・デリアン 書籍という形で、今までの私の活動や、創作の限定んとなったアンティークのイメージを皆さんと分かち合うときが来たと思ったのです。“本”として編纂することで、それぞれのイメージに私なりに敬意を払いたかった。少しでも、不思議な世界を覗いたように思ってもらえたら嬉しいです。





出版: ARTISAN BOOK, a division of Workman Publishing Co., Inc
序文: Anna Wintour(アメリカンヴォーグ誌 編集長)
サイズ: H36.5cm×W29cm×D5cm
価格 ¥11,000(税抜)
『JOHN DERIAN PICTURE BOOK』は、米国「NEW YORK Times」誌のベストセラーに選ばれています。


-取り扱い店舗-
H.P.DECO 表参道店
H.P.DECO 好奇心の小部屋 二子玉川店
H.P.DECO 好奇心の小部屋 横浜店
H.P.DECO 好奇心の小部屋 No.2店
H.P.DECO 好奇心の小部屋 福岡店
アッシュペーブチック