JACQUES LE CORRE

−MY TOWN MY BAG−



JACQUES LE CORREのバッグは、それぞれのモデルに都市名が付けられています。
初代モデル[LISBON(リスボン)]の誕生からPARIS、TOKYO、LONDON…と広がるコレクション。
愛する「街」と「バッグ」
この普遍の関係はいつも愛おしさに満ち、少しのセンチメンタルを誘います。

あなたのワードローブにぴったりの「街」を見つけて下さい。
 


PARIS


パリ生活の長いデザイナーがフランスの人や街に感じている印象は 、「一見シンプルだが、よく見ると(知ると)細かいこだわりや遊びがある」ということ。このバッグもシンプルな中に、細かいこだわりがある。

静かに主張するライン状のレリーフはバッグ職人のテクニックを要する手仕事で仕上げられ、ハンドルの太さやメタルパーツ、全体のサイズバランスなど随所にこだわりが秘められている。デザイナーが思うフランスとの数々の共通点からPARISと名付けられた。

薄くすっきりしたフォルムは、手持ちでも斜め掛けでももたつかず、コーディネートを上品にまとめてくれる。
そんなバッグPARISの使い心地の良さに魅了されるファンが増えている。

「I love PARIS」 -FRANK SINATRA-


I love Paris in the springtime
I love Paris in the fall
・・・I love Paris
Why, oh, why do I love Paris?
Because my love is near


Song by FRANK SINATRA(抜粋)

 


ルーブルのクール・カレ、
広大なチュイルリの庭園・・・
JACQUES の愛したパリ






石畳で縁取られる街並みの静謐
ゴシック様式の尖閣が荘厳に空を指す






軽やかな足取りで街を行き交うパリジェンヌ
さりげなさはパリに生きる人々の美学






アルチザンの技が冴える緻密でミニマムなデザインはJAQUES LE CORREの、そして「PARIS」のエスプリが詰まっている