JACQUES LE CORRE


JOHN DERIANコラボレーションLISBON発売



MADE IN FRANCEをこだわりとし、クラシックでエレガントな素材と色の組み合わせが特徴的なブランドJACQUES LE CORRE(ジャック・ル・コー)。フランスの熟練した職人たちの手作業で表現されるクオリティーにこだわりを持ち、何シーズンにもわたりフォルムを変えずに登場する名品バッグ“LISBON”と、JOHN DERIAN(ジョン・デリアン)とのコラボレーションが実現。
アーティストでありコレクターであるJOHN DERIANは、デコパージュという手法により、数百年前に暮らす人々の息遣いを閉じ込めるかのように、古い印刷物を愛でる。
そんな彼の膨大なコレクションの中からセレクトしたイラストのテーマは海。生命の起源をも感じる幻想的なサンゴや海藻がプリントされた、アートピースのようなLISBONの誕生です。




リスボンとの出会い


フランスの小さな港町で幼少期を過ごしたジャック・ル・コー。彼のノスタルジーの先には、いつも海があった。
かつて海運により国益を得たポルトガルの首都リスボン。1998年に初めて訪れたその街に、彼は瞬時に魅了された。リスボンとの出会いは、まさにバッグ[LISBON]の誕生を意味する。
ミニマムなデザインにどこか丸みを湛えたそのフォルムは、リスボンの街が持つ気取りの無い雰囲気を象徴し、アイデンティティーに左右されることなく、20年という年月をも超越する存在となった。

PHOTO ©João Santos


MADE IN FRANCEへのこだわり


“フランスから発信されるクリエイションと生産”をブランドのアイデンティティーの要とし1985年にJACQUES LE CORREブランドを設立。以来同じ素材や金具を使っても、生み出される商品には作る国の“手”が現れ、作る国の“文化”が反映されると考え、フランスでのものづくりを基本としている。



プリントへの挑戦


今回のコラボレーションでデザイナーの大前は、今まで取り組んでいたイギリスのアトリエではなく、新しくフランス国内のアトリエを選択。若い技術者の集まりであり、テキスタイルから革まで、どんな素材にもプリントが出来るという前向きなエネルギーを持った職人との取り組みによってジョン・デリアンとのコラボレーションは作り出された。
 

JACQUES LE CORRE

(ジャック・ル・コー)


フランスで最も有名なハットブランドの一つ。1985年ハットコレクション、1998年バッグを加えフルコレクションをスタート。MADE IN FRANCEをこだわりとし、クラシックでエレガントな素材と色の組み合わせが特徴的。毎シーズン衝撃と新鮮さを感じさせるコレクションを発表している。

FEATURE
クリエイターズ図鑑
JAQCUES LE CORRE PARIS物語
EXPO LISBON 20th
奇才の残したアートワーク
 

JOHN DERIAN

(ジョン・デリアン)


デコパージュという技法を用いたプレートやオブジェたちは、ニューヨークで手作業により生産されている。美しい図の素材は作家自身がコレクションしているヴィンテージの図鑑や雑誌の図柄から取り入れられており、数え切れない程の種類を持つ作品は、あなたの部屋をまるで美術館のようにしてくれる。

FEATURE
クリエイターズ図鑑
Welcome to John Derian Company
JOHN DERIAN 美しくも奇妙な世界
JOHN DERIAN DECOUPAGE PLATES