photo by RINKO KAWAUCHI




シシド・カフカとの会話の中から引き出されたワード「変わるもの・変わらないもの」にフィーチャーし、IOSSELLIANI (イオッセッリアーニ)のデザイナー、ロベルタ・パオルッチとパオロ・ジャコメッリが、「PANTA RHEI (パンタ・レイ) 万物流転」という言葉を導き出した。3人のアーティストたちの競演による科学反応。それはまさに万物が流転するように、変化の中に真意があり、相対の先に調和があることを物語る。変わり行く時代の中で、変幻に流転する女性たち、それを象徴するかのようなコレクションが完成した。

<PANTA RHEI 万物流転>
古代ギリシアを代表する哲学者ヘラクレイトスの思想を表現した言葉「万物は流転する」。如いては、相反するものの共存を解く。
photo by RINKO KAWAUCHI


変化を強く求めている私の心を読むかのように、
ロベルタの口から発せられた
この言葉はとても綺麗な響きだった
強く しなやかに
変化し前へ進んでいく
時を共に歩むように
存在してくれる
そんなアクセサリーだと感じています

by SHISHIDO KAVKA





昨年20周年を迎えたIOSSELLIANI。新たなステージに立ったデザイナー二人が挑戦したのは、マルチな活躍を見せるシシド・カフカとのセッションだった。完成までに約一年あまりを要した渾身のコレクション。 「パンタ・レイ=万物流転=相対」をテーマに、異なる要素をマッチングされたデザインは、モダンかつドラマティック。ブランド創設当初から彼らが追及してきた「相対が生み出す美」は、シシド・カフカとのセッションで新たな境地を見せる。
シシド・カフカ
メキシコ出身。ドラムヴォーカルのスタイルで2012年CDデビュー。その後、端正なルックスの女性ドラマーとして一躍注目を浴び、女優業など活躍の場を広げる。

IOSSELLIANI
デザイナーはイタリア人のロベルタ・パオルッチとパオロ・ジャコメッリのカップル。1997年ローマで誕生。イタリアの伝統的な金細工技法を受け継ぎながらも、時代感を加味したコンテンポラリージュエリーを提案し続けている。