H.P.FRANCE MAP Vol.5 札幌・名古屋・広島・福岡編
- わたしが好きな街・店・人 -



全国に70店舗以上を構えるアッシュ・ペー・フランス。
個性溢れるスタッフたちが、それぞれのお店の色をつくっています。
この特集では、エリアごとの
「街の魅力」
「店の魅力」
「人の魅力」
をスタッフの目線でご紹介していきます。


 
 

01 札幌


goldie H.P.FRANCE 札幌


「お買い物も食巡りも楽しい」

札幌の中心大通駅に位置するのが札幌PARCO、その一階にgoldie H.P.FRANCE 札幌店があります。
PARCOの裏、シャワー通りにはいくつかのベンチが存在します。
出勤前後やOFFの日にもくつろぎ、スターバックスで買ったドリンクを飲みながらお気に入りの本を眺めてはほっとする場所です。
そしてやっぱり外せないのは「食」。PARCOから徒歩5分圏内には、いくつものスープカレーの名店が軒を連ね、観光客のみならず道産子の私たちもつい通ってしまいます。
その他にもラーメン、ジンギスカン、お寿司、〆パフェなどなど...。
もう少し足を延ばせば数えきれないほどの美味しいお店があるので、観光でいらしたお客様には必ずオススメのお店を伝えてしまうほど。
また、お買い物好きにはたまらないオシャレな路面店も多いので、散歩がてら素敵なものをゲットできるかもしれません。
札幌へいらした際には、goldie H.P.FRANCE 札幌店で運命のものと、美味しいお店をご提案させて下さいね♪
山本麗奈(goldie H.P.FRANCE 札幌

02 名古屋


goldie H.P.FRANCE 名古屋


「名古屋の中心地」

goldie H.P.FRANCE 名古屋店があるタカシマヤゲートタワーモールは、駅直通の好立地!高島屋百貨店の妹分として2017年にオープン。セレクトショップやオーガニックコスメなど、名古屋の「最新」が集結しているスポットです。
3階へ向かうエレベーターを上がった目の前にお店を構えている、goldie H.P.FRANCE 名古屋店。フランス・イタリアを中心にヨーロッパのファッション小物をセレクトした開放感のある空間になっています。「自分だけのゴールド(特別)」を見つけにいらしてください。
ゲートタワーモールの自慢は、ホリデーシーズンに現れる12メートルのクリスマスツリー。毎年、テーマごとに装飾され名駅の夜を彩ります。今年は、どんなデザインになるのか今から楽しみです。
そして、名古屋といえば、喫茶店カルチャー。名古屋の街中を少し歩けば必ず現れるコメダ珈琲。今や全国にお店がありますが名古屋発祥ってご存知でしたか?時々、無性に食べたくなるシロノワール。ぜひコーヒーのお供にシロノワール食べてみてくださいね。
青木万里萌(goldie H.P.FRANCE 名古屋

03 広島


H.P.FRANCE Boutique 広島


「ここでしか味わえない空間」

中四国地方、唯一のアッシュ・ペー・フランス。
私の癒し時間は、色々な所に足を運び、美味しい物を食べ、沢山の人達と会話をすることです。その中で厳選した場所をご紹介します。
まずは、朝と昼の部。
休みの日に ほっと一息つける場所、「てらにし珈琲」。朝食を食べに1人で行くことも多々あり、珈琲の香りと共に癒しの時間を満喫出来ます。この日は、行きつけのお蕎麦屋の女将さんと、色々な情報についての意見交換の日。
そして、夜の部。
今は自粛中でなかなか行けていませんが、スタッフとの食事会ではよく利用させてもらっている場所、「HOBO」。みんなでワイワイするも良し、1人で考え事をするのも良し。色んなシーンで使える、癒しの空間です。

探索を趣味とする私がいる場所は、広島の中心部にある三越2階のH.P.FRANCE Boutique 広島店です。広島は瀬戸内海も山も近く、自然豊かな場所も沢山あるので、ライフスタイルが楽しく充実するお手伝いをさせて頂きます。
ファッションでも、グルメでも、レジャーでも、お困りの際は、是非、お店まで(^ ^)
須賀あゆみ(H.P.FRANCE Boutique 広島



04 福岡


drama H.P.FRANCE 岩田屋 / goldie H.P.FRANCE 博多 / H.P.DECO 好奇心の小部屋 福岡 / H.P.FRANCE BIJOUX 福岡 / H.P.FRANCE Boutique 福岡 / Usagi pour toi H.P.FRANCE 福岡 / WALL 福岡


「食の宝庫・福岡」

福岡といえば、食の宝庫と呼ばれ、たくさん美味しい食べ物があります。博多ラーメン、もつ鍋、水炊き、焼き鳥‥などなど。
今回は、その中でも代表的な博多とんこつラーメンが食べれるお店を、10年間ラーメン屋で働いていた私がご紹介します!

博多純情らーめん shin-shin 天神本店

WALL福岡から歩いて5分程。入り口では、博多の名前を背負ってご活躍されている博多華丸さんのポスターがお出迎えしてくれます。店内も屋台居酒屋的な雰囲気で、どこか懐かしさを感じ落ち着きます。 
ラーメンは豚骨スープに細麺で、これぞ博多ラーメンというスタイル。純情らーめんと掲げているだけあって、スープは豚骨特有の臭みが無く、職人さんが真っ直ぐ丁寧に仕込みをされているのが伺えます。
特にオススメしたいのが、博多もっちゃん(モツちゃんぽん)です。ラーメンともつ鍋を同時に味わえるハイブリッドな麺。豚骨スープにモツ鍋の具の旨味が溶け出して、最高に美味しいですよ。思わず、「味の博多どんたくや〜」と彦摩呂さんのように叫びたくなります。
  
ラーメンの話となるとついつい熱くなってしまいましたので、この辺りで!続きは店頭でお話ししましょう!

福岡に来られた際には、WALL 福岡店に是非お立ち寄り下さい!
個性豊かなスタッフが、ファッションはもちろんですが、福岡のオススメの観光スポットから美味しい食べ物まで、素敵なご旅行をコーディネートいたします。
垣内秀章(WALL 福岡



「文化の集まる街」

福岡市天神地区周辺は朝早くから開いているカフェが多く、通勤前の方や、休日をたっぷり楽しみたい方、海外からの観光の方で賑わいます。
お昼から出勤の日は朝活日和!ということで、Usagi pour toi 福岡店のあるIMSから徒歩15分ほどのカフェ兼ギャラリー、「TAGSTA」へ行ってきました。こちらでは毎日何かの展示を行っており、いつ行っても新しいことに出会える場所です。


この日は台北とベルリンで活躍されているボディカリグラファーのシャンテルさんと、台北のセルフポートレート作家のシャロルさんの展示。シャンテルさんの作品は、タトゥーの上に更に書かれた文字が身に纏う物語のようにモデルの輪郭を変え、別の生き物へと変わっていくよう。シャロルさんの作品は、自らシャッターを押すからこそ映し出せる女性の姿。大胆、でもこれも日常の女性の姿。目が離せませんでした。
ドリンクを片手に作品について語り合ったり、むーん、と座って考えたり。
この他にも福岡にはアジア諸外国のアートに触れられるスポットがたくさんあります。こんな小さな通りにこんな空間が!なんて発見も、是非探してみて下さいね。
10時になったらUsagi pour toi 福岡店へお越し下さい。
ナタリー・レテの描く鮮やかでわくわくするアートの世界と、1点1点こだわりの愛すべきお洋服・バッグたちと共にお待ちしております。