H.P.FRANCE MAP Vol.2 丸の内・銀座・日比谷編
- わたしが好きな街・店・人 -



全国に70店舗以上を構えるアッシュ・ペー・フランス。
個性溢れるスタッフたちが、それぞれのお店の色をつくっています。
この特集では、エリアごとの
「街の魅力」
「店の魅力」
「人の魅力」
をスタッフの目線でご紹介していきます。


 
 
H.P.FRANCE BIJOUX 丸の内 / H.P.DECO 丸ノ内 / 記憶 H.P.FRANCE / H.P.FRANCE BIJOUX 銀座 / Theatre H.P.FRANCE 銀座 / H.P.FRANCE Boutique 銀座 / CONCENTO PARIS H.P.FRANCE 銀座Halo H.P.FRANCE BIJOUX / goldie H.P.FRANCE 有楽町 / drama H.P.FRANCE 日本橋


01 丸の内


「ゆったり時が流れる場所」



丸の内のお店に立ち、おそらく11年ほどになるかと思いますが、とにかく働く私にとっても居心地の良いところです。心が安まるというのでしょうか?

皇居方面の眺め

まずは東京駅を背にして、皇居方面の眺めがとても気持ち良い丸の内エリア。そこには何か特別な、揺るぎない清々しい空間が広がっています。

東京ステーションギャラリー

東京駅丸の内駅舎内に在る美術館。しばらくクローズしていましたが、7月17日から再開し早速行きました。9月6日までは「きたれ、バウハウス」展を開催中。“駅”という通過点に在る美術館、というのがなんだか面白くて、きっと列車の待ち時間にふらりと寄る方もいるのでしょう。アートを身近に感じられる所です。

新丸ビル Passage(パサージュ)

パサージュとは、18世紀末以降パリを中心に建てられた商業空間で、それをモチーフにした新丸ビル一階にあるこの通りにはオープン以来馴染みの店が並びます。そこに記憶も在ります。
パサージュを良い香りにしてくれているお店や美味しいチョコレート屋さん、彩り豊かなお花屋さん。記憶のお向かいの文房具屋さんには何かと覗きに行っています。どのお店にも頼もしいベテランの店員さんがいらっしゃり安心感があるのも魅力だと思います。

記憶 H.P.FRANCE

ゆったりとした時が流れるこの街には、毎日バリバリと働く方も居れば、はたまた東京駅ということで、何処かから訪れたり、旅の途中に下車される方もいらっしゃいます。多様な目的の方々が交差する場所。そういった皆さまのちょっとした時間を過ごす特別な異空間が、記憶であれば良いなといつも願っています。
ぜひ、ANTE VOJNOVICの作った、白く幻想的なお店にいらしてください。お待ちしております。
また、このエリアにはとびきりお洒落な男性スタッフも集中して居りますので、彼らのファッションを見るだけでも足を運ぶ価値があるかも知れませんよ。
古田絵里(記憶 H.P.FRANCE





「日々の暮らしを豊かに」

JR東京駅北口を出てすぐのところに手書きの看板が目に止まる。僕が天気の良い日に丸の内界隈で行く場所で、すぐ思い浮かんだのがこの靴磨き屋さんです。同じ場所で50年以上にわたり靴を磨き続けている。ピカピカの靴は心までスカッと晴れ渡ります。
もう一つは街路樹が美しい丸の内仲通りのベンチ。アスティエ・ド・ヴィラットのノートと水金の文庫革と水筒は必ず持ち歩くマイ必需品。木々の中に差し込む木漏れ日を感じながら何か考えたり本を読んだりします。

H.P.DECO 丸の内で日々の暮らしを豊かにする定番アイテムを探しにいらしてみてはいかがでしょうか?
酒井信賢(H.P.DECO 丸ノ内





「最近の丸ビルはここがアツい!」

丸の内エリアは、ちょっと歩くと大手町から有楽町へ続く仲通りがあり、範囲も店舗も沢山。今回はH.P.FRANCE BIJOUX 丸の内店のある丸ビルの中から、個人的にお気に入りの店舗を紹介したいと思います。勿論、新丸ビル1階の記憶 H.P.FRANCEで服も、3階H.P.DECO 丸の内店でBELLOCQ TEAも愛用しております!!
8月頭までH.P.FRANCE BIJOUX 丸の内店に併設する「丸の内ウィンドウギャラリー」にて展示していたスイス在住アーティスト、池田愛氏の版画を背に。destination Tokyoで購入した履くジュエリーは足裏に優しい逸品。J.Wアンダーソンのシャツは去年CONECENTO PARIS H.P.FRANCE 銀座店で購入したのですが、最近着始めました。
胸元で輝くのは、H.P.FRANCE BIJOUX 丸の内店で開催中の「BROOKE GREGSONの星座ネックレスFAIR」でメインになる蟹座ネックレスと、バイヤー、フランソワーズ・セーグルに生前、彼女自身に選んで頂いた木製ネックレス!
丸ビル4階が個人的に熱い!昨秋からBIJOUX 丸の内スタッフの竹内さんの紹介で飼い始めた愛猫(スコティッシュフォールド)の良い餌を販売する店がこの夏オープン。「P2DOG & CAT」はBIJOUX同様、海外の選りすぐりフードがあり、メイン食・おやつも他には無い種類があります。ペットを飼っているお客様はBIJOUXお立ち寄りの際に4階もどうぞ。

同じく4階の「ROUTE CAFÉ AND THINGS」。カフェメニューは少ないので、欲張りな方は他にも素敵なレストランが丸ビルには沢山あります。
が、個人的にはゆっくり、時には窓から見える東京駅を眺めながら、本も売っているこの寛ぎ空間のカフェが最近のお気に入りで、週3回は通っています。
始関太一(H.P.FRANCE BIJOUX 丸の内



02 銀座


「MODEを感じて」

こちらはCONCENTO H.P.FRANCE 銀座店が入っている、東急プラザ銀座の正面エスカレーター。CONCENTOの2019年秋冬のカタログ撮影でも使用した、お気に入りのスポットです。
約50ブランドをミックスしたCONCENTOバイヤー、湯沢由貴子のスタイリングを掲載したカタログは店頭にて配布中です。

このエスカレーターはCONCENTOがある3階に直結しているので、お店へいらっしゃる際は是非ご利用くださいませ。銀座らしい景色も見えるのでお勧めです。


3階へ到着すると正面にCONCENTO PARIS H.P.FRANCE 銀座店があります!パリ在住のバイヤー、湯沢によるセレクトで、旬のMODEをお客様にお届けできるよう常にディスプレイにはこだわりを持っています。年に数回、湯沢が来日する際には、バイヤーによるディスプレイをオープン前に仕上げています。ミラノファッションウィークではその迫力あるディスプレイを評価される程、唯一無二の世界観です。是非、MODEを感じにいらして下さい。



03 日比谷


「ヴィンテージも映える、クラシカルな日比谷公園」

日比谷周辺は劇場も多く、文化のまちとして知られています。Halo H.P.FRANCE BIJOUXのある、ミッドタウンの上階には映画館もあるので、最近だと仕事終わりにジブリ映画を観に行きました。ナウシカの耳元に光る赤いピアスが印象的で、次の日はお店でついつい赤いジュエリーに目を引かれてしまいました!
楽しい場所は沢山あるのですが、わたしの一番のお気に入りスポットは日比谷公園。都会の中でも自然を感じられる癒しの場所です。
特に日比谷公会堂は、壁面や階段など歴史を感じるクラシカルな雰囲気をもっていて、Haloのヴィンテージクローズやジュエリーともマッチ。大きな木々に囲まれたその空間は、まるで海外にいるかのような気分にさせてくれます。
是非、ミッドタウン日比谷でのお買い物の後に訪れてみてくださいね!
田中理子(Halo H.P.FRANCE BIJOUX



ARCHIVES