GICLAT
NEW COLLECTION



シンプルでいて、エレガントな女性をイメージして作られるGICLAT(ギクラ)のジュエリー。
デザイナー自らが成形から石留めまでを行い、丁寧な仕事から生まれた温もりのあるジュエリーは
女性の持つ魅力をさらに引き立ててくれます。
”木漏れ日” や ”月の満ち欠け” といった自然の現象からインスピレーションを得た、
「穏やかな日常の中に見つける喜びや優しさ」を伝えるシリーズから新作たちがラインナップされました。
自然的で柔らかなフォルムを引き立てるダイヤモンドやパールの輝きをぜひご覧ください。




木漏れ日

枝葉の間を通り抜けて届く木漏れ日を形にしたら・・・なんて、これまでに考えたことのないような発想から生まれたのは、幾何学的にも有機的にも見える滑らかなカーブと直線とのハーモニー。

透明感を活かしたローズカットのダイヤモンドは、鮮やかな輝きのブリリアントカットとは趣きの異なる、ふわりとした優しい存在感。地金をマットに仕上げることで肌馴染みよく、どんなシチュエーションにも寄り添ってくれます。
ダイヤが石座から突出せず、表面の引っ掛かりが気になりにくいセッティングは、小さなお子様がいらっしゃる方やアクティブに日々を過ごす女性にもストレスが少なく、普段着けしやすいのも嬉しいデザイン。

主張が過ぎないシリーズなのでお手持ちのジュエリーと合わせたり、同じシリーズでピアスやネックレスなどとのトータルコーディネートもおすすめです。

月の満ち欠け

ほど良い存在感の3mmあこやパールを並べ、ツイストされたゴールドで月の満ち欠けを表現した叙情的なジュエリー。
人気のコレクションにイヤカフが新たに加わりました。華奢なフープピアスとコーディネートしたり、シンプルにお顔周りはこのイヤカフだけでポイントにしてみたり・・・十人十色の楽しみ方が見つけられるアイテムです。

モチーフである月は女性の象徴とされており、柔らかな月の光は知性を高め、心に落ち着きを与えてくれるといわれているラッキーチャームのひとつ。満ち欠けを繰り返すことから「成長」の意味もあるそう。まさに満ち欠けの過程を模したデザインは、自身のステップアップのお守り代わりとしても。

月の形そのものを模ったジュエリーはときにTPOを選んでしまうこともありますが、そっと月の存在そのものを表現しているこのシリーズはオフィスシーンからハレの日まで幅広いシーンに対応します。

NEW ARRIVAL at 11.24


Designer profile



麦倉隆晴(takaharu mugikura)


貴金属加工職人を経て、2007年ファイナルワークスを設立
さまざまなデザイナーズブランドの原型から量産までを請けおうと共に、自身のブランドも展開
2011年、イタリアの伝統的な彫金技術を身につけるため、ジュエリーの街フィレンツェへ
イタリア生活とヨーロッパ、南米への旅を通じて、自然の壮大さや生み出されるフォルム、文化や技術、ジュエリーと人々の関わりや歴史を体感する
帰国後工房を湘南に移し、2015年、デザインと確かな技術をつめ込んだGICLATをスタート

国家検定 一級貴金属装身具製作技能士



‐代表取扱い店舗‐

drama H.P.FRANCE新宿店
drama H.P.FRANCE横浜店
drama H.P.FRANCE日本橋店
drama H.P.FRANCE伊勢丹新宿店
ONLINE SHOP