FLORIAN


DER WALD STEHT SCHWARZ UND SCHWEIGET
 
「人が身につけてこそ本当のジュエリーである」
という思想を元に、
身に付けた人も楽しめるアートとして、
個性的なネックレスを展開してきた
florian(フローリアン)。
2019年秋冬コレクションのテーマは、
「DER WALD STEHT SCHWARZ UND SCHWEIGET
-森は暗く沈黙する-」。
ドイツのララバイをインスピレーション源に、
神秘的なカラーで統一された美しいコレクション。

黒ではない。
でも沢山の黒を色々な色にブレンドさせた。
秋冬の宵のような、真っ暗闇に近い色。
その色は、
冷たい夜空のブルーから、植物のグリーン、
暖かなブラウンを経て、レッドトーンへ。
そしてパープルへとひとまわりする。
豪華さとグラマラスな魅力を与える為、
最後に追加されたのは、
ゴールドとブロンズの濃淡。
コレクションの多くは
オーガニックなビーズの流れで構成され、
ナチュラルに表現される。


Designer
Florian Ladstaetter
フローリアン・ラドゥシュテイター




デザイナーはオーストリア出身のFLORIAN LADSTAETTER(フローリアン・ラドゥシュテイター)。
ウィーン応用美術大学を卒業後、ミュンヘンでは哲学を学ぶなど異色の経歴も持つ。 「人が身につけてこそ本当のジュエリーである」という思いを元に、ギャラリーや企画展などで表現するのでなく、実際身に付け、付けた人も楽しめるアートとして、アートとファッションの融合した形での表現を目指す。その活動はシャンデリアデザイン、彫刻、映像によるパフォーマンス、写真など多岐に渡り、世界中から熱い注目を集めている。




代表取り扱い店舗
goldie H.P.FRANCE各店