エコール・ド・キュリオジテ

− 物語のある服 −


 
その人の人生に寄り添う一着の服。
好奇心を失わない大人たちに選ばれる服を創るために、
ÉCOLE DE CURIOSITÉSは、2016 年秋、パリに誕生しました。

たとえば、ÉCOLE DE CURIOSITÉSは、イメージのリソースのひとつを19 世紀末─ 20世紀初頭のヨーロッパに求めています。
華やかなドレスにも、 労働服にも、服としての正しさ、ひたむきさがあった時代。
それらがもつ普遍性を、現代的にトランスフォームし、ÉCOLE DE CURIOSITÉSならではのユニークなものに仕上げていく
ていねいなものづくりを通して創られたピースが「この一着」として選ばれ、その人の大切な ワードローブとなることを目指します。

ブランドのテーマは「モードとアートと文学の融合」。
コレクションごとに、アートをテーマとした掌編小説が創作され、物語の世界が服に置き換えられていきます。
掌編小説の主人公が、そのまま、 コレクションの主人公となるのです。
モードとアートと文学の幸福な出会いが、普遍的なクリエイションを触発する。
この珍しい試みは、ÉCOLE DE CURIOSITÉSのデザインをよりユニークなものへと昇華しています。