Loading...

− ASTIER de VILLATTE −


 
「人の記憶から忘れられてしまった何かを見つけた時、私たちはまるで新しいものを発見したようにわくわくした気持ちになるのです。」そう語るのは、アスティエ・ド・ヴィラットのクリエイターであるブノワ・アスティエ・ド・ヴィラットとイヴァン・ペリコリ。パリで唯一の陶器メーカーとして1996年に創業しました。

白い陶器に用いられているのは、パリ郊外で採掘された土。パリ市内の工房で何度も練り、職人たちの手によりひとつひとつ形作られた後、窯で焼き上げていく。近代的な生産工程とは真逆をいく、それはまるで19世紀の工房のような時間のかけ方が、全ての器に土を捏ねた手のぬくもりを残しているのです。

そして、香りの世界旅行をテーマとしたキャンドルとインセンス、香水などの香料製品からは、陶器の作品群とはまた異なるアスティエ・ド・ヴィラットの世界を垣間見ることができます。彼ら自身が楽しみながら創作することを心掛け、今日もパリのアトリエから世界中へと作品を届けています。

H.P.DECOでは20数年来このアスティエ・ド・ヴィラットの品々をお取扱いしています。「家族や大切な人と囲む食卓や、お茶を手に語らう時間を豊かに過ごす」というメッセージを込めて。




  
 
 
 

CERAMICS



 
純白の釉薬を纏った器は、アスティエ ・ド・ヴィラットの代名詞とも呼べるでしょう。パリ唯一の陶器工房で18世紀パリの手工芸を継承すると同時に、エスタンパージュと呼ばれる技法を現代のテイストで蘇らせ、伝統とモダニズムを融合させています。古い器や忘れ去られたオブジェからインスピレーションを受けて、職人が残す「跡」を大切にした器は、土色が柔らかく透け、丁寧な手仕事でしか生み出すことができない、凛とした存在感を放っています。
 
 


 
 

− シリーズから探す

Adélaïde

アデライド
粒の突起が装飾的に施された、アデライデ。古典的なモチーフを題材としながら、どこか愛らしい印象を与えます。アスティエ・ド・ヴィラットの遊び心が感じられます。
 
 
 

Alexandre

アレクサンドル
人の顔がモチーフとしてあしらわれた、アレクサンドル。古いアンティークの様にも、モダンなテーブル・ウェアの様にも感じられ、使い手の趣向に合わせてその印象を大きく変えます。
 
 

Banshaku

バンシャク
アスティエ・ド・ヴィラットとアッシュ・ペー・フランスのコラボレーション。日本の晩酌をテーマとした白い陶器は、日本の古くからの風習をアスティエ・ド・ヴィラット独自の解釈を加え、現代のテイストで新たに表現しなおしたものです。酒と共に個別の膳には、季節を映す彩りに溢れる数々の酒肴が並びます。

Cube

キューブ
フランスの古いタイルから由来している、連なった立方形が立体的に組み合わさったモチーフ。アスティエ・ド・ヴィラットのフィルターを通して生まれたこの形は、都会的でシャープな印象を与えます。
 

Etoile

エトワール
その名の通り、星の形にデザインされたシリーズ。アスティエ・ド・ヴィラットの遊び心が、そのままディッシュ・ウェアになったような、愛らしいシリーズです。
 
 

Fleurs

フルール
アスティエ・ド・ヴィラットと親交の深い女性アーティスト、ナタリー・レテとのコラボレーションで生まれたシリーズ、フルール。優しい曲線を帯びた白い陶器に、大胆に施された様々な花のモチーフが特徴です。
 

John Derian

ジョン・デリアン
ニューヨークのアーティスト、ジョン・デリアンとのコラボレーションにより生まれたシリーズ。アスティエ・ド・ヴィラットの白い陶器に、ジョン・デリアンの象徴とも言えるデコパージュのモチーフが施されています。

Maruguerite

マルグリット
可憐なマーガレットの花々にインスパイアされて制作したコレクション、マーガレット。小さなお皿から大皿、カップ、花器等多くのデザインがあります。柔らかな曲線が、優しい印象です。

Régence

レジョンス
クラシカルでエレガントなシリーズ、レジョンス。18世紀初めの美術様式に発想の源泉を見ることが出来るこのシリーズは、まるで過去に存在しなかったアンティークの様です。口縁の縁飾りが華やかな印象を与えます。

Serena Carone

セレナ・キャロンヌ
白いカップをゴールドで縁取り、取っ手の代わりにアーティスト、セレナ・キャロンヌが造形した宝石が散りばめられた、大ぶりの指輪をつけたマグカップ。彫刻家であるセレナの不思議な世界観を楽しめるシリーズです。

Setsuko

セツコ
パリのアスティエ・ド・ヴィラットのアトリエにて、節子・クロソフスカ・ド・ローラ伯爵夫人の手により生まれた形。美しいコラボレーションが結実させた作品群。
 

Simple

シンプル
縁に施された一本のラインがモダンな印象を与える、シンプル。数多くあるアスティエ・ド・ヴィラットのコレクションの中で不動の人気を誇ります。普段使いのテーブル・ウェアに最適です。
 
 


 
 
 

− 用途から探す


 

プレート

魚やお肉、それに野菜。どんな食材をよそっても素材やテーブルを引立ててくれる、様々な大きさとデザインが揃っています。ディナープレートの下皿、アクセサリートレイとしてなどあらゆるシーンでご使用いただけます。

ボウル

サラダを入れる容器。ご飯を盛り付ける器。スープを入れるもの。丸い形、四角い形。小さなもの、大きなもの様々なボウルがございます。ハーブの様な植物を育てる鉢としてのご使用もおすすめです。

コンポート

華やかなもの、素朴なもの。プレートと同じくらい、様々な表情を持ったシリーズがございます。果物やスイーツを載せておく容器として、またオブジェとしてのご使用もお勧めです。

カップ

普段使うものだからこそ、お気に入りの品を選びたいもの。カップほど、生活に寄り添う容器はないでしょう。休日に、自宅でほっとくつろぎながら味わう紅茶。忙しい一日が始まる前の、一杯のコーヒー。様々なシリーズから、一番のお気に入りを見つけて下さい。

ポット

素朴なものから、華やかなものまで、まるでアートピースのように飾っておきたいと思わせるポットです。アスティエ・ド・ヴィラットの造形美を楽しみながら、優雅なティータイムをお過ごしください。
 
 

その他テーブルウェア

プレートやカップ以外にも、カッティングボードなど食卓で活躍する様々なアイテムが揃っています。アスティエ・ド・ヴィラットの陶器は食卓で他にはない存在感を放ちます。
 
 

フラワーベース

季節の花々の鮮やかさや、木々や葉緑の美しさを引立ててくれます。生活にアート感を添える花器。大切な方への贈り物にも最適です。

オブジェ

インテリアデコレーションとして楽しむことができるオブジェ。棚などにそっと添えるだけで、美しいアイテムです。

インセンスホルダー

本来の用途としてはもちろん、オブジェとしても楽しめるインセンスホルダー。大きめの彫刻のようなものから、小ぶりのものまで様々な種類がございます。

ランプ

アスティエ・ド・ヴィラットの陶器をシェードにしたペンダントライトです。柔らかい光が穏やかな時間を演出してくれます。光のオブジェとしてお楽しみ下さい。
 
 
 

グラス

フランスにて、手吹きで仕上げられたグラスのコレクション。吹きガラスの歪さと、美しい形が魅力です。クリスタル・グラスの様な華やかさがありながら、実際に持つと驚くほど軽く、組成の材質により、チップを起こし難いのも魅力です。
 

カトラリー

イタリアの工房で仕上げられるアスティエ・ド・ヴィラットのカトラリー。小さなフォークから大きなレードルまで、多くのサイズと種類を揃えます。クラシックでありながら、モダンでもある仕上がりは、アスティエ・ド・ヴィラットらしさに溢れています。

キャンドル

デザイナーの二人の思い出の町や焦がれ続けている未踏の地の名を冠したパフュームキャンドルです。名だたる調香師とのその香りは世界中の魅惑的な場所へと、私たちを誘います。

インセンス

1000年の歴史を持つ日本の淡路島で熟練の香司による伝統的な技法で作られるインセンス。美しく洗練された佇まいのボックスには125本のインセンスが納められています。
 
 

オー・デ・コロン

オー・デ・コロンはシトラスのノートを基調に、しつこい残り香はなく、ただアロマティックなしるしを残します。中世にドイツケルンの街の名前から生まれた伝統的な製法に従い、水と香料によって著名な調香師の手によって作り出されました。
  
 
 
 
 

COLLECTION BANSHAKU
ASTIER de VILLATTE & H.P.FRANCE


 

 
アスティエ・ド・ヴィラットと、アッシュ・ペー・フランスの現代探検家 村松孝尚との共作「コレクション バンシャク」が誕生。“晩酌”をテーマとした18種類の白い陶器は、日本の古き良き時代の習慣を彼らのテイストで新たに表現しました。醤油皿に魚皿など、個別の膳の上には酒とともに、季節を映す彩りに溢れる数々の酒肴が並ぶその様は、小津安二郎の作品を彷彿させます。このコレクションには、日本社会の変遷につれて進化してきた“晩酌”という素晴らしい文化をこれからも尊び、「コレクション バンシャク」が歓びを分かち合う大切なひとときの食卓に在るように。というささやかな願いが込められています。
 
 

※こちらの動画は2018年11月に撮影したものです

 
 
  
 
 
 
 

SCENTED CANDLES



 
香りは記憶と結びつきやすいものです。イヴァンとブノワは、彼らの思い出の町や焦がれ続けている未踏の地の名を冠したパフュームキャンドルを2008年より展開しています。キャンドルは植物性ワックスを使用し、トスカーナ地方のガラス職人による気泡入りの手吹きガラス容器へと収められています。火を灯した時に幻想的な光がガラスに反射します。ASTIER de VILLATTEのパフュームキャンドルは記憶と想像力を刺激しながら暮らしを鮮やかに彩り、香りの旅路へと誘い出してくれるでしょう。
  
 
 
 
 

INCENSE



 
世界の都市や場所の名を冠したASTIER de VILLATTEのインセンスは、「香りの世界旅行」をテーマに作られたオリジナリティ溢れる贅沢なコレクション。美しく洗練された佇まいのボックスには125本のインセンスが納められています。インセンスは、1000年の歴史を持つ日本の淡路島で生地を長時間に渡り圧縮・加工し、その中に香りを浸透させるために2週間寝かせるといった大変手間のかかった方法によって作られています。世界旅行へと誘うASTIER de VILLATTEの美しい香りのコレクションをどうぞお楽しみください。
  
 
 
 
 

ASTIER de VILLATTE


 

Photo:Julie Ansiau

 
1996年創業。デザイナーは、イヴァン・ペリコリ(左)とブノワ・アスティエ・ヴィラッド(右)。19世紀の器や忘れ去られたオブジェからインスピレーションを受けて生み出される数々のコレクションは、職人が残す「跡」を大切にしています。パリにショップとアトリエを構え、ハンドメイドで作られる白い陶器を中心に、香料製品やステーショナリー、本などを生み出しているブランドです。