神戸とフランス Art de Vivre


2019年4月、大丸神戸店1階の新しいブティック「H.P.FRANCE 装飾美術館」は、オープンしました。


ブティックの店内デザインは、フランス人クリエイター、MathildeとPhilippeによるものです。ほのかに漂う木の香りが、二人の住んでいる土地を思わせます。なだらかな丘が遠くまで続き、ところどころに見える木立。道路に街灯はありませんが、古代ローマ時代からの石を積み重ねた洗濯場が残っていて、今でも必要なときに使い、人々の暮らす風景の一部として、時代を超え、ずっとそこにあるのだそうです。

二人がデザインした店内の全ての家具にも、古い壁板や壁紙が再利用されていて、現代の木材と一緒に使われています。その組み合わせは、古くもなく、新品でもない、無垢の木の香りと、長い年月を経た落ち着いた様子が混じり合い、その土地で生きる人々の知恵と工夫、そして愛情を感じます。また、なくてはならない、店内正面左手の鏡の壁は、二人の手によって作られたものです。工事終了期限2日前に神戸へ到着する予定のところ、フランス国内での乗り継ぎが上手くいかずに、予定日の翌日早朝に成田へ到着。その後、新幹線で神戸に入り、エスプレッソを飲んで早速仕事に取りかかり、そのまま休むことなく続けること、9時間。素晴らしい鏡のコラージュの壁は、完成しました。



25年前に作った神戸最初のブティックのオープンの際も、数々の逸話が生まれましたが、今回も例外ではありませんでした。あの時から比べても、あまり変わりがないようです。私たちがブティックを作る際には、これまでに見たことないようなものを作りたくて、そのために手作りの部分が多く、完成まで気が気ではありません。それでも神戸では、見知らぬものでもあっても、いいものはいいと率直に喜び、応援してくださるお客様の姿に、また面白いことをやろうと思わずにはいられません。
神戸大丸店のH.P.FRANCE 装飾美術館は、歴史ある神戸で暮らす皆さんの町を愛する思いと、フランスで同じように町を大切に暮らす人々の手仕事に込められた思いから生まれたハーモニーによって作られました。お客様との出会いを重ねるごとに変化するブティックを、一緒に楽しんでいただきたいと思います。お近くへ来られる際には、ブティックの天井をご覧になってください 。国を超えたそれぞれの素晴らしい愛情の印が混ざり合って輝いています。
(文章:髙浦敬子)



H.P.FRANCE 大丸神戸店よりイベント開催のお知らせ



DANIELA DE MARCHI セミオーダーイベント



独特の質感を持つメタルと天然石の輝きが多くの女性を魅了し続けているイタリアのジュエリーデザイナー DANIELA DE MARCHI(ダニエラ・デ・マルキ)のセミオーダー会を開催。オーダーを受けてから、ミラノのアトリエで熟練の職人が1点1点お作りします。
■期間: 10月9日(水)~10月15日(火)


APROSIO&CO Bangle colour オーダーイベント



イタリア・フィレンツェ発のAPROSIO&CO(アプロジオアンドコー)は、ムラノグラスやクリスタルビーズを使い、職人の熟練された技術で生み出されるアクセサリーブランド。期間中は特別にバングルのカラーオーダー会を開催します。
■期間: 10月23日(水)~10月31日(木)