D-due SPRING SUMMER 2019 LookBook


Festival Day

-Welcome to the Summer-

スペイン北西部、大西洋に面したガリシア地方の老舗ドレスメーカー発祥のブランドD-due(デ・ドゥエ)。2019年春夏コレクションではガリシアの沿岸部に位置する村で毎年7月16日に行われる、船乗りや漁村に住む人々の守護神である聖母カルメンとの絆を祝うお祭りとその祝祭の日をテーマに現地のライフスタイルを深く投影した。

聖母カルメンの日には、人々の信仰心が強まり、街全体がお祝いの雰囲気で包まれ、家族や友人との絆をより強める一日になる。昔ながらの風習にならい、開会式の儀式-ミサ-を行う朝、住民は代々受け継がれた特別な衣装を身に纏う。そして、そのミサに始まり、山車を使った行進、ガリシアを象徴する“海“の幸を使った伝統的料理がもてなされる食事の時間や、夜には花火が打ち上げられたりと、一日中盛大なお祭りが開催される。そしてその一日を4つのカテゴリーに分けたMisa、Procesión、Romería 、Verbenaがこのコレクションを構成している。

また、D-dueのアトリエとスタジオあり、彼らが日常生活で誇りと価値を感じている「リアンショの街」がインスピレーションのソースとして選ばれ、LookBookの撮影は全てその場所で行われた。
Misa/朝のお祈りが祝日のはじまりを告げます (1月中旬より随時入荷予定)
Procesión/水兵の行進がはじまると、数え切れないキャンドルと煙、花であたりが包まれます。 (2月中旬より随時入荷予定)
Romería/住民たちは伝統的なおいしい料理でこの日を祝います。 (3月中旬より随時入荷予定)
Velvena/歌い、踊り、音楽がこの日の終わりを告げます。一日のお祭りは楽しさでいっぱいにクライマックスを迎えます。 (4月中旬より随時入荷予定)