D-due SPRING SUMMER 2019 ''Festival Day''


-3rd scene Romería-


スペイン/ガリシア地方の老舗ドレスメーカーを拠点とするブランドD-due(デ・ドゥエ)。2019年春夏コレクションのテーマは毎年7月に行われる海の守り神、聖母カルメンを祀ったお祭りとその祝祭の日。第二のシーンProcesionが終わると食事の時間がやって来る。村の住民達は屋外に出て、レジャーシートを敷き、母親達が作った伝統料理を家族や友達が一緒になっていただく。ガリシアが誇るシーフード料理はもちろん、獅子唐に似たピメントや卵料理も欠かせません。

Romeríaシリーズは3月8日より、H.P.FRANCE取扱い店舗にて展開がスタート。
ONLIN SHOPでも展開中。
スペイン北西部、ポルトガルに隣接し、大西洋を望むリアス式海岸に囲まれたガリシアでは、漁業と縫製業で国を支えた歴史的な背景もあり、今でも海産物が豊富に取れ、ミシュランも認めたシェフがたくさん住んでいる。
街の中心地にあるアバストス市場には新鮮な野菜や海産物、チーズやワインなど、豊富な食材が揃い、今でも多くの住人が利用している。祝祭の日にはこの市場で集められた食材が家庭で調理され、ハッピームード満載な伝統料理として振舞われる。
夏のガリシアを代表する食材pimiento de Padrón(ピメント・デ・パドロン)は、ししとうとピーマンの間のような食べ物。本コレクションのアイコン的存在、ピメンティートはこの野菜をモチーフに、デザイナーのアルフレドにより作られたキャラクター。
魚や海老を握り締めたピメンティートのアイコンは、アイロニーたっぷりなD-dueのブランドのイメージを表現している。老舗ドレスメーカーならではの手刺繍で表現したことで、遊び心に上品さも兼ね備えた逸品。
Blouse \44,000+tax
綿麻のベロア素材はアンティークのような風合いに洗いをかけたもので、夏向けの素材としてブランドが挑戦的に選んだもの。涼やかなカラーリングとタオル地のような肌触りで最高の着心地を与えてくれる。
Pants \38,000+tax
Skirt \36,000+tax
ピメントの総柄プリントはアンティークの生地から着想を得たオリジナルプリント。パーマネントな皺加工を施したことで、クラシカルな風合いを表現している。随所に使われた民族調のリボンテープも魅力。
Blouse ¥36,000
Cardigan ¥36,000
家族みんなで楽しむピクニックをイメージしたRomeríaのシリーズではレジャーシートを思わせるギンガムチェックの素材がディティールで使用されている。まさに夏を謳歌する楽しいムードで溢れたラインナップ。
お祝いの花や草原でのピクニックを思わせる花柄はピメント柄と同様にアンティークの花柄プリントをベースにデザインしたもの。組み合わせたミントグリーンのストライプの生地とあいまって清涼感のある爽やかな印象に仕上げている。