D-due LAB SPRING SUMMER 2019


Hand drawing on the fabsic


スペイン/ガリシア地方の老舗ドレスメーカーを拠点とするブランドD-due(デ・ドゥエ)。2019年春夏コレクションの新作よりD-due LAB(デ・ドゥエ ラブ)シリーズがH.P.FRANCE取扱店舗に入荷。ガリシアで毎年7月に行われる祝祭の日をテーマにし、現地のライフスタイルをフィーチャーした本コレクションに登場する象徴的なキャラクター達のイラストが、ノートの方眼目をイメージしたテキスタイルの上にデザイナー、アルフレド・オルメドによる手描きで描かれた、1点ものに近い価値を持つラインナップが揃う。

入荷予定日//
H.P.FRANCE取扱い店舗:1月11日
オンラインショップ:1月18日予定
イラストはデザイナー、アルフレド・オルメドの手によって一点一点丁寧に、生地に直接描かれている。
老舗ドレスメーカーとしての仕立ての良さと選びぬかれた素材の心地よさがシンプルに伝わるLABシリーズ。これから入荷するコレクションラインともコーディネートしやすい、ベーシックなアイテムで構成されている。
ガリシアの伝統衣装を思わせる段フリルのロングドレス。
胸元にはドレスを取り合う少女と犬の微笑ましい日常の一コマが描かれている。
裾のおおぶりなフリルと襟元がクラシカルな印象のチュニックブラウス。
祝祭の日の伝統料理を運ぶ親子の姿が描かれている。
同じ生地のセットアップで仕上げたコーディネート。スカートには柄がなく、合わせやすい仕様に。
聖母カルメンの日、水兵さんたちによる行進の姿。