CLAUDINE VITRY


Spring Summer 2020
-Fleurs de bitume-


「アクセサリーは、スペクタクルである」と語り、
大胆でオリジナリティにあふれる
コスチュームジュエリーを作り上げる、
CLAUDINE VITRY(クロディーヌ・ヴィトリー)。

2020年春夏コレクションのテーマは
「Fleurs de bitume (アスファルトの花たち)」。
アスファルトにもめげずに
開花する植物の力強い生命力。
歩道、壁、石畳の隙間から芽を出すこのはかない存在は、
私たちの住むコンクリートの世界に
ちょっぴりのポエジーをもたらしてくれている。
都会に突如現れる美しさは、
散形花序のグラフィズムで表現。
レジンやメタル、ガラスなどいくつもの素材を組み合わせ、
大胆にジュエリーは作り上げられる。
アスファルトのようなグレーやホワイト、
そこにあわさったローズコッパーのメタルが美しいコントラストを描く。
都会的であり、どこか儚げ。
クローディーヌが描き出す美しい世界。







Designer
Claudine Vitry
クロディーヌ・ヴィトリー

デザイナー はフランス在住の CLAUDINE VITRY(クロディーヌ・ヴィトリー)。
学生時代は薬学を専攻。アクセサリー収集の興味から多様なスタイルやテクニックを独学で学び、アクセサリー創作を始めた。直観的にテーマを決めて、大胆でオリジナリティにあふれるデザインでコレクションを仕上げていく。数々のブランドやクリエイター等とのコラボレーション以来、コレクションの中でのアクセサリーを「スペクタクル」として捉えるようになる。ガラス、メタル、セラミック、樹脂といった素材使いの多様性が彼女のシグネチャースタイル。自身でメタルパーツのプレスやカットを行うほか、パーツに着色を重ねるなど、ほかにないオリジナリティを演出している。



代表取り扱い店舗
goldie H.P.FRANCE各店