CLAUDINE VITRY


Automne Hiver 2019
Rose des sables


「アクセサリーは、スペクタクルである」と語り、
大胆でオリジナリティにあふれる
コスチュームジュエリーを作り上げる、
CLAUDINE VITRY(クロディーヌ・ヴィトリー)。

2019年秋冬コレクションテーマは
「Rose des sables (砂漠のバラ)」。
水分の蒸発で砂が結晶化し、
バラの花びらのような形状になった砂漠の石。
光や色のコントラスト、
気温が激しく変化する乾いた大地の美しき世界を表現する。



静けさに包まれた砂漠の夜。
砂塵に埋もれた鉱物がわずかに輝く。
月夜に照らされあらわになる、美しいマーブル模様。







Designer
Claudine Vitry
クロディーヌ・ヴィトリー

デザイナー はフランス在住の CLAUDINE VITRY(クロディーヌ・ヴィトリー)。
学生時代は薬学を専攻。アクセサリー収集の興味から多様なスタイルやテクニックを独学で学び、アクセサリー創作を始めた。直観的にテーマを決めて、大胆でオリジナリティにあふれるデザインでコレクションを仕上げていく。数々のブランドやクリエイター等とのコラボレーション以来、コレクションの中でのアクセサリーを「スペクタクル」として捉えるようになる。ガラス、メタル、セラミック、樹脂といった素材使いの多様性が彼女のシグネチャースタイル。自身でメタルパーツのプレスやカットを行うほか、パーツに着色を重ねるなど、ほかにないオリジナリティを演出している。



代表取り扱い店舗
goldie H.P.FRANCE各店