Loading...

CHIE MIHARA 2022 SPRING SUMMER SELECTION



スペイン、エルダの老舗ファクトリーブランド、最高の履き心地が魅了する唯一無二のシューズの春夏コレクションが入荷。





スペイン、エルダの老舗シューズファクトリーをベースとするデザイナーChie Miharaによるレディースシューズブランドの春夏コレクションが入荷。ブラジル/ポルト・アレグレ出身、日本人の両親を持つ彼女は美的感覚や文化に壁は無いと信じ、福岡のデザイン学校を卒業後、東京へ渡りドメスティックブランドで勤務、その後もNYでファッション工科大学に入学、後に整形靴(足のトラブルに対応した靴)のショップで働き、多くの場合、顧みられず、痛めつけられてきた足を大切にする事を学ぶ。

その後、米国では高級シューズブランド、シャルル・ジョルダンとの仕事を開始、その中で1994年にアリカンテへ移り、2001年に同ブランドを立ち上げる。デザイナーは靴底やヒール、ラストなどあらゆるディティールにこだわる靴職人の技術に焦点をあて、その知識を守るため、Made in Spainならではのデザインを生み出している。




1950年代から続く老舗ファクトリー。





Chie Miharaの靴はスペイン、アリカンテ県のエルダにあるファミリー経営のファクトリーで、その工程のすべてを行っている。このファクトリーは1950年代半ばに設立。しかし、このファミリーの職人的な技術はもっと歴史が長く、1800年代後半から、5世代を超えて受け継がれたもの。デザイナーのチエ・ミハラはこの職人の高い技術力、伝統、そしてこの工場が提供している「Made in SPAIN」の品質に恋をしたのだ。また、このシューズファクトリーがある地域はスペインでも屈指の高品質な靴の産地でもある。


ファクトリーにおける生産プロセスは、革を裁断する人から靴箱を準備する人まで、すべて手作業で行われ、すべての靴のペアはその付加価値と完璧さと追及するべく、品質管理のチームによって細やかに管理、約60人の手を渡り、生産されている。チエ・ミハラの芸術的な感性と高い生産能力が出会い、この類まれなる美しい靴が出来上がり、世界中の女性たちに愛されている。






クラシックだけど新しい、ニューベーシックなラインナップ!