Loading...


7DAYS MY JEWELRY vol.2


H.P.FRANCE BIJOUX表参道店



今、私が自分のためにしたいこと。
それは、好きな服を着て、好きなメイクをして、大好きなジュエリーを纏うこと。


閉塞感のある日々のなかで、心地よく居られる”ありのままの自分”を敏感に感じてみると、私らしい生き方を模索するような難しいことではなく、シンプルに私が喜ぶことを自分のためにしたい。素直に心ときめくものを身体にまとい、日常の小さな心地よさを積み重ねていくことが、今の私の力の源に。

10年以上に渡りH.P.FRANCE BIJOUXでジュエリーの販売に携わり、数年前よりブライダルの選任コンシェルジュとして結婚を控えるカップルの指輪選びをサポートする表参道店の椎熊さん。
H.P.FRANCE BIJOUX一筋の彼女のジュエリーコーディネートを一言で伝えると「多彩なブランドの重ね技」。繊細なゴールドジュエリーを重ねた存在感のあるレイヤードスタイルをベースに、ポイントでファッション性の強いアクセントジュエリーをミックスする重ね着けのテクニックは圧巻。
Vol.2では自分を解放する休日の”オフ”スタイルをご紹介します。



SATURDAY


ビビッドカラーや大ぶりジュエリーで一気に気分を変えて。
屋内外をとわずアクティブな気分で楽しみたい休日は、ラフなカットソーを選ぶ方も多いはず。そんなゆるめのスタイルの時こそジュエリーの出番。耳周りにはALISON LOU(アリソン・ルー)のポップなジェリーフープピアスで一気に休日ムードへシフト。デコルテにはBROOKE GREGSONゴ(ブルック・グレグソン)のファインジュエリーをオンして大人の休日スタイルが完成。



SUNDAY


ヴィンテージライクなジュエリーで休日の開放感を感じて。
リラックスなムードの総柄コットンの軽やかなワンピースにはヴィンテージ感のあるジュエリーコーデを。
毎日のスタメンの華奢なゴールドジュエリーをベースに、GEM KINGDOM(ジェム・キングダム)のシルバー素材のビッグモチーフリングや、chigo(チーゴ)のパドロック(錠前)ブレス、REDLINE(レッドライン)のホースシュー(馬蹄)ブレスレットの赤をポイントにミックスすることで、休日のラフなムードを気分だけでも思い切り楽しむスタイルに。



MY EYES, MY RULES

Q.ジュエリーコーデのマイルールはありますか?
「統一感とハズシ・抜け感のバランスをとる事。」
コーディネートが揃いすぎも面白くなく、それぞれが活きなくなってしまうので、統一感を出しながらもボリューム・色味等で抜け感ができるようバランスを調整。“耳まわり” “首まわり” “手首” “指”とそれぞれのゾーンの中で主役を決め、周りのバランスを決めていくようにしています。

Q.ジュエリーを購入するときの決め手は?
「手持ちのものとの相性だけでなく、新鮮な気分で楽しめるか。」
すでに愛用しているジュエリーに馴染みつつも、これまでとはまた一味違う新鮮な気分で楽しめるかどうか、という部分がジャッジの大半です。あとは、ボリューム感、素材感、色味など今の自分に”しっくり”くるフィーリングかどうか。でも一番はやっぱりほとんどが”一目ぼれ”です!自分の感性に正直に!

Q.眠っているジュエリーはどうしていますか?
毎日のスタメンはほぼ決まっていますが、綺麗にしまいこまず、歴代のジュエリーはあるタイミングで手にとって掘り起こします。特に今は、20代の頃に購入した少しゴツめなシルバーを30代半ばになって再び楽しんでいます。「流行は繰り返す」トレンドはもちろん、自身の気分のサイクルなどでリバイバルするアイテムにも、一つひとつに購入したときの記憶や思い出があるので手放せません。いつまでも宝物で、数年を経てまた日の目をみて当時を思い出すのもジュエリーの楽しみの一つです。


【STAFF】

H.P.FRANCE BIJOUX表参道店 椎熊


表参道店の最新情報やお問い合わせはボタンをクリック



【着用アイテム一覧】

スタッフ着用品はすべて私物のため、現在はお取り扱いのない商品が一部ございます。
一覧では代わりのおススメ商品もご紹介しております。

SHOP LIST


H.P.FRANCE BIJOUX
表参道店
丸の内店
銀座店
伊勢丹新宿店
新宿店
大阪店
梅田店
オンラインショップ

時期により取り扱い商品のラインナップが異なりますので、
LINE等で各店へお気軽にお問い合わせください。



vol.1 オンスタイル公開中